カテゴリ:Berlin( 10 )

ベルリン日記(完)

10月13日、金曜日
ベルリン最後の日。
Poppyちゃんは学校があるので、おうちでお別れ。
朝8時半くらいかな、ねぼけまなこで会話。
名残惜しい。でもまたすぐ東京で会えるね、みたいな会話をしていた。
でも朝だから、やっぱり忙しくて、落ち着いてはしゃべれない。
ほんとにほんとに、Poppyちゃんにはお世話になったわ!
ありがとう。

早い。 朝9時にハインツが迎えに来てくれるというので、
それまでに支度をしなくては、と思っていたら、9時ジャストにパッキングが終わった!

ピンポーンとインターフォンがなり、ドアの外に立っていたのは、
ハインツだけじゃなくて、フローリアンも。
前日、この時間はむずかしい、と言っていたのに、また会えたので
嬉しかった♪ オリィさんも、その時間に出勤してくれることに。

家から電車までフローリアンがスーツケースを持ってくれて、
途中の駅からオリィさんが空港行きのバスまで来てくれて、その荷物を持ってくれて、
最後ハインツが空港まで荷物を持ってくれたので、

大量の荷物にもかかわらず(自分で持てないのなら、ほんとはそんなに買っちゃいけないよね。。)
すごく助かった!! ラッキーなわたしです。
3人のたくましい男性たち、ありがとう!

最後のバイバイって、言葉にうまくならない。
特にハインツは、次いつ会えるかわからないので、ほんとにせつない。
もうこうして会えないかもしれないし、会えるかもしれないけど、
空港だし、「じゃあね。」っていうのってほんとにつらいね、ってお互い言って、
あとは、たわいもない冗談を言って、時が流れてしまう。
だけど、今回の再会はほんとにいい時間だったので、いいお別れもできたと思う。


空港で飛行機に乗るためにバスに乗ると、Berliner Airという飛行機がみえた。
ローカルで小型でかわいい。 

ウィーンへ行き、空港で2時間待つ。
皆「グリュスゴット!」ってここではあいさつしてる。

日本へ帰る飛行機は満席。
幾つも映画を観たり、眠ったりしながら、土曜日の朝、空港へ。
乗ってた飛行機はウィーン金貨号。
中は特に普通だったけど、機体の外に金貨のペイントがしてあった。

成田の税関で、「高価なものをお買い物されましたか?」ときかれる。
「いいえ。」といったのに、スーツケースを開けてといわれる。
でも、わたしのおみやげって、ミニカーとか、6ユーロのモーツアルトベアーとか
そんなのばっかり。さぞかし高価なものがあるかも、と思った税関の職員は
期待はずれだったことだろう!

トイレに入ると、まるでわたしの中の儀式のように、
座高が低すぎて、がくんとなった。
もう日本に帰ってきちゃった、と変だけど、そんなことで実感した。
(ベルリン日記完)
[PR]
by megtig | 2006-10-25 18:16 | Berlin

ポツダムとジャズナイト★

10月12日、木曜日の日記

この日は、ベルリン・スティ最後の日。

ちょっと遅めに午前11時にハインツとZooの駅で待ち合わせ。
前日のことを受けて、お決まりの “May I help you?”のせりふで彼が登場。
今回は誰にも話しかけられなかった!
それより、着いた次の日に道を訊かれたことが
わたしにはびっくりだったけどね。

ポツダム宣言で有名なPotsdamへ。
中学生時代、『インク汚した(1945)ポツダム宣言』って年号早覚えしたっけ。
なつかしー。

ハインツが意外にも列車のみつけかたにとまどったりしているので、
わたしがついつい仕切ってしまった(はぁー、これだから男性にリードをまかせられず女らしくない(しょぼん))。長女気質です。。
ほんとは任せたいんだけど、ついつい確かめちゃうんだよね。
そしてわたしのほうが合ってたりする(苦笑)。
でも(ハ)にそのイメージがなかったから、ちょっとびっくり。
まぁ、彼は生粋のウィーンっ子だから、ウィーンなら目をつぶっても
歩けるんだろうけど、初のベルリンは勝手が違ったと思うし、
一人がちゃんとみてればいいわけだしね。

列車の中には犬連れの人、自転車持ち込みの人など。
のどかな感じ。 しゃべっていると、すぐ着いた。

ポツダムでは、バス乗り場を聞いたおじいちゃんがすっごく親切に乗り場まで
案内してくれた。 いったい、ベルリンの人は不機嫌とか、いじわるって誰が決めたんだろう?ほんとに皆親切だった!

既に駅からは観光客がたくさん。皆サンスーシー宮殿を目指しているのだ。
わたしたちも向かった。サンスーシーってカタカナで書くと、
アウンサン・スーチー女史を思い出してしまうのって、わたしだけ??
スーシーでなく、スーシか。

ほんとは、Sans souciといって、フランス語で「憂いなし」っていう宮殿なのである。
フランスかぶれ(わたしといっしょでは?!)のフリードリッヒ大王がつけたもの。
フランス人観光客もけっこう来ていた。
建物の中に入るには、ガイドつきでないとダメだったため、
チケットを買ったものの、12時から2時間くらい待ち時間が。
外のImbissでチキンのローズマリー焼きを食べたけど、
かなり美味しかった!(安上がりなわたし)。
近くにかわいい鳥がいた。お天気で寒くも暑くもなく、のどか。
で、またハインツとお互いの家族のことや、たわいもない話をしていると
あっという間に時間になったので、
ガイドツアーへ。 ドイツ語しかないのが意外!
しかし、日本語の冊子を借りた上、日本語のパンフレットを買ったわたしは
だいたいのことは理解できた(当たり前か)。

途中、大きな灰色のフェルトのスリッパに履き換えるのだが、
その大きさときたら!
わたしの足の倍、少なく見積もってもぜったい40cm、いやもっと
あるであろう。ゲルマン!!って感じのスリッパだった。
よっぽど、写真に撮ろうかと思ったほどである。
しかし、それができなかったのは、手にしたガイド2冊と自分の靴のためであった。重い。
ところが、あるおじさんが、わたしの肩をつんつんしてきて、
靴は脱がなくてよいんだよ、とジェスチャーをしてきた。
あれ?よくみると、皆靴を履いたまま、その上にスリッパを履いているではないか
! だから、スリッパが大きかったのだ。それにしても大きいけどさ。きっと大人の男の人で大きい人に合わせて作ったら、こうなってしまったのだね。そこにいる子供たちは当然、普通に歩けないので、スケートみたいにすべっていた。そして、とうぜん、わたしもその子たちの仲間である。一度、大人に混じって(わたしも大人(それも三十路)なんですが)普通に歩こうとしたところ、笑われたので、やめた。
サンスーシーのイメージはそんなところである(?!)。
見学は一度は行くと興味深いかも。広くないし、おすすめ。
そういえば、お庭が綺麗だった!

その後、サンスーシーを後にしたわたしたちは、自力でオランダ人街へ向かう。
人力車(?)のお兄さんたちが、6ユーロだかで、送ってくれるというのをハインツがきっぱり断ったので(これが日本人の女の子同士の旅行なら絶対乗ってるね!)
てくてくと。

20分少しして、オランダ人が昔大勢移住してきたというレンガの建物の地区へ。
でも、旅の相方、そんなに興味がなかったみたいで、ほとんど素通り状態。
「ちょっとオランダっぽいねー。」とわたしがいうと、
「ここはもうドイツの普通の街並みだよ。」
「えっ?そうなの?そういえば、そんな気が。」みたいな。

もし一人で行っていたら、半日は観察できただろうに、
ヨーロピアンの彼にはそれほど興味をひかなかったらしい場所でした。
でも、雰囲気はよかったよ!

そろそろ帰る?ということになり、駅へ。
そのあと、Poppyちゃんとお買い物。
最後に日本へ買って帰るものをみたり、女の子ですもの、ショッピングを
したかったのでございます。

でも、ハインツにどうする、「私たちと買い物へ行く?それとも別行動する?」ときくと、
彼は買い物嫌いなのに、「君はどうしたい?」ときいてきた。
“Mir ist egal”(どっちでもいい。)って答えたら、
「じゃあ一緒にいく。」と意外な答えが。まぁ、最後の日だしね。

でも、ハインツが一緒だと、うれしい反面、買い物に集中できなかった。

だって、たとえば、Bio系のすてきなアポテーケ(薬局)へ行ったときも、
最初はヴェレダなどのドイツ語の説明をしてくれたと思ったら、数分後には
居ないので、店内を見渡すと、背後に何もせずに仁王立ちしている彼の姿が!

なんだか悪いので、次のお店に!みたいな感じでした。
とほほ。

とか文句いいつつも、普通の薬局、ドラッグストア、本屋さん、おもちゃ屋さん、
スーパーをはしごして、ちょっと満喫。Poppyちゃんのおかげで短時間にいろいろ廻ることができました!Danke! 

いろいろレアな雑貨心をくすぐるアイテムに出会ったので、おみやげはまたの機会に紹介します。

夜、A-Traneっていう有名なジャズバーへ繰り出す。

c0089939_23759100.jpg

22時からのジャズ生演奏を、オリィさんがネットで予約しておいてくれた。
ちょっと道に迷って(実は道は合ってた!)たどり着くと、入り口の可愛い女の子が
「ニホンカラ?」と訊いてきた。お母さんが日本人なんだって。
オリィさんが「僕も!」といって、その会話が可愛かった。
確かに入り口の彼女はドイツ人としては小柄な感じの子だったかも。

その日の演奏は、すっごくexperimentalなジャズで、
すっとんきょうな音を出したり、いきなり1分以内に曲が終わったり、
「音がしていない「間」が第二の、本当の音楽です。」みたいな曲があったり、
3人のジャズマンたちはそれぞれ個性派ぞろいって感じ。
まぁ、興味深いといえば、そうなんだけど、
最後の夜にゆっくりくつろいで、って感じではなかった!
うーん、もっと皆とリラックスして話したかったよー。
特にあまり今回話せなかったフローリアンと話したかった。

帰り道、11月にくるPoppy夫妻以外の2人とはもうずっと会えないかも、
と思い、特にフローリアンとはその場が最後のお別れだったので、
悲しいと思っててくてく歩いていたら、
ハインツとフローリアンがずっと平行して通りの反対側を歩いていたので、
結局、もう一度Zoo駅で再会できた!
といっても、感動って感じじゃなくて、始終腹ペコ虫を飼っているフローリアンが
「あれおいしそう!」とか言ってて、時々ウィンクしてきたりして面白い感じだったんだけど。

ウィンクされるときって、その人に特に意味はないと思うんだけど、わたしはうまく返せなくて、両目つぶっちゃたりするんだよねー。慣れてないので、戸惑う。
こんど鏡の前で練習せねば。

ところで、このフローリアン君、わたしより年下なのに、
精神年齢は高いし、時々、わたしを年上と思ってないみたいな感じがある。
それはいいことだけど。ドイツ人って、大人っぽいからね。見た目も。

わたしは気づかなかったりするんだけど、Poppyちゃんが、
バイエルン料理のお店で、ご飯食べ切れなかったら(だって量が多い!)
二十歳くらいのウェイトレスが、
「ふふん、そんなのも食べれないの?」みたいにmegをみて笑ってたっていうし、
信号機(自転車マークが可愛い)の写真を街角で撮っていたら、
それをみて笑ってた人が居たって、Poppyちゃんが教えてくれるし、、、
いい年して、笑われてるのかも、わたし。
日本でもどちらかというと、そんなキャラですけど、
ドイツでもかあ。。
それも、Poppyちゃんにクールにつっこまれるまで、気がつかなかったよー(苦笑)。
[PR]
by megtig | 2006-10-24 21:51 | Berlin

ベルリン (ポジ)

まだほんの一部だけど、ご紹介。

スキャンが下手だけど、それでもポジの美しさが伝わるといいな。

ネガよりも、デジタルよりもずっときれいに撮れるってことが、
スキャンされた画面からもわかる??

写真は、Poppy家でした。。

c0089939_21212495.jpg
c0089939_21215614.jpg
c0089939_21222135.jpg
[PR]
by megtig | 2006-10-23 21:22 | Berlin

壁と美術館の写真(ネガ)

昨日の日記の写真(ネガをスキャン)をupします!

今日、ポジフィルムで撮った写真の一部ができあがってきて、
やっぱりポジらしく、色が綺麗!!!それはまたあとで載せます。

c0089939_20552626.jpg
c0089939_2055563.jpg
c0089939_20562419.jpg
c0089939_20571549.jpg
c0089939_20545436.jpg
[PR]
by megtig | 2006-10-23 20:59 | Berlin

美術館とベルリンの壁。

ただいまー。倉敷(社員旅行)から帰ってきました~。
しかし、今日の日記はベルリンのこと。
(どんどんリアルタイムと時差が出てくるけど、ご了承ください。)
よく、何人かの友達に、
「まだベルリンなんだ!ドイツ楽しんでね。」といわれるけど、もう帰ってきてます。

10月11日、水曜日の日記
朝、待ち合わせの駅でハインツがなかなかこないので(あとで聞いたら切符の券売機にトラブルがあったそう)「大丈夫?」”May I help you?”と2人の見知らぬ人に話しかけられてしまった。カメラと地図持ってたからかな。ベルリーナーは親切!

ものすごーくお天気で、「この旅行のために1週間特別にお天気を予約したよ!」とハインツが冗談をいう。でも彼は、日光に弱いので、目が痛くてコンタクトがつけられず、
そしてサングラスも眼鏡の上からできないので、苦しんでいた。
「でもいいお天気、予約したんでしょ。」というわたし(いじわる)。
色素が薄いとほんとにまぶしいのかも。前も雪で目が真っ赤になってたなあ、そういえばと思い出す。

有名なペルガモン博物館へ。日本語の音声ガイドも無料で貸してくれるので、
ヘッドフォンをつけてGo! 旧約聖書のダニエルがいた時代の話は、すばらしいけど
どこか、おとぎ話っぽいって思ってしまう。だけど、その時の王様ネブガドネツァル王の城壁とかが残っていて、そのままの形で復元されていたりして、すごかった!紀元前7世紀とかに、こんなものがあるとはね。

お昼には、ベルリン名物Curry Wurst(カレー風味のソーセージ)をImbissじゃなくてレストランで食べた。 ご当地では、ご当地物を食べるのがわたしの主義である。
そこのは、あまりカレーの味はしなかった。 他のCurry Wurstを食べなかったので比較はできないけど。ほんとはBioのを食べたかったなあ。そういえば、バウムクーヘンも食べなかった。時間がなかったのである。次回、行く機会があれば、本場のバウムクーヘンやさんと、ジャンダルメン広場にも行きたいなあ。

美術館見学の後、ハインツが一度もスターバックスに行ったことがないっていうから、
またまたHackescherhoefの近くのスタバへ。 人間ウォッチングが楽しかった。
おしゃれな人や、スタイルのいい人、若者、アーティスト、いろんな人が入ってくるのをどっかりとしたソファーにうずもれながらカフェモカを飲みつつ、たわいもない話で過ごした。フランスもそうみたいだけど、向こうってファーストネームをきいて、名前で読んでくれるんだよね。

「おお!話にはきいていたけど。」とわたしがいうと、
ハインツは、「単に誰のかわかるように聞くだけでしょ。」といったが、日本やアメリカじゃ、名前きかれないもんねー。 

「AuのケイタイのLismoってウィーン出身なんだよ」、と恐らくは彼にとって何のメリットもない情報を与えてみたら、ドイツ語でリスって、Eichhoernchen(アイヒヘルンヒェン)というらしいことが判明。可愛いけど、発音できないー。絶対かむって!その後、いろいろドイツ語で何ていうか、幾つかフレーズを教えてもらったけど、殆どわすれてしまった!
彼の使うドイツ語は、いつもむずかしすぎる。

16時にオリィさんとNord Bahnhoff(北駅ね)で待ち合わせ。
ちょうどU-Bahn(地下鉄)のエレベーターのところでばったり会えた!
またまた、オリィさんとハインツ、初対面なのに、ぺらぺらしゃべってる。
当たり前なんだけど、いいなあ。。

オリィさんが壁と壁博物館を案内してくれた。
ここは、ベルリンの壁が残る、いまや数少ない場所。
通りの反対にあるのは無料で見学できる博物館で、とても充実していた。

それにしても、ここで本当に、「壁」があって、人々が遮断された両側で暮らしていたなんて。実感がわかないけど、「壁」があったとき、子供だったオリィさんから直接話をきけて、本当に特別だった。15年以上経つと、壁も風化してきてしまっていて、博物館がちゃんと残してある資料や、実際の話というのはとても大事な意味があると思う。

「壁」をめぐる各国の当時のニュース放送、東側のXデー計画の文書、壁を脱出する人々や、壁が日常化してからの西側の生活のスライドなど、とてもよく出来ている。
チェックポイントチャーリーにはわたしは行かなかったけど、かなり観光地化されているとのうわさだし、ここに来れてほんとによかった!

そのあと、路面電車に乗って、もう一箇所の壁の残るイーストサイドギャラリーへ。
路面電車が途中で止まってしまい、バスに乗り換えたりして、着く頃には暗くなってしまった。 壁には、アートというより落書きが多数あり、中には「サムライブルー」なんていうのもあった。W杯に来た日本人の記念か。

夜になり、フローリアンも招いて5人でオリィさん&Poppyちゃん宅で夕食。
Poppyちゃんが、とびっきり美味しい料理を作って待っていてくれた!
ほんとに、Poppyちゃん、ごちそうさまでした!オリィさんのガイドもありがとう!

その日の夕食は、鮭と魚介類のキッシュ、クスクスのトマト詰め、モッツァレラのサラダで、皆の絶賛を浴びていた。 オリィさんとフローリアンは初対面で、わたしは全員と別々に会ったことがあるんだけど、出会ったばかりの出身地も年齢も違う3人が妙に盛り上がるのをみて、うれしかったけど、ほんと不思議だった。

とにかく、3人とも、フレンドリーな感じで冗談をいうんだけど、冗談というのが一番外国語を理解するときに、くせものだと思う。 ドイツのビールの話とか、地方のことで盛り上がっていたけど、そういうのって、訳せないもんね! 日本でも、ご当地の方言とか、その土地の特色あるものって、日本語では盛り上がるけど、訳したとたん、説明的になってしまうものだと思う。 それでもやはり、時々自分の知っていることが話題になって、少しでもわかるとうれしかったし、わたしの知っている人たちが皆集まっていて、なんだかすごく夢のようだった(夢の中って、絶対一緒にいないような人たちがまとめて自然にでてきたりするように。)
[PR]
by megtig | 2006-10-22 22:37 | Berlin

写真♪・・でも、テレビ塔はどこ?

ベルリン滞在中はずっとお天気がよかった♪
でも、ときに手前が建物のかげで、奥が明るくて。
こういうとき、どうやればちゃんとした露出になるのだ??
(写真習ってるくせに、基礎がなさすぎ。。Poppyちゃんのパーティー大丈夫わたし?)

背後のテレビ塔が映ってない。。

Poppyちゃんを写したフラッシュつきでも、明暗の差は改善されるどころか、
ますますくっきり(汗)。

でも、彼女が写してくれた写真が気に入っているので、アップしちゃいます。
テレビ塔(ベルリンのシンボルが消えちゃったよ!→
c0089939_21143367.jpg
c0089939_21132577.jpg←で、合成してみた! 不自然(笑)
c0089939_21162836.jpg
絵で描いてみた!→ベルリンのみなさん、ごめんなさい。ヘタすぎ。

こういう場合、どうすればテレビ塔が写るのでしょう???
旅行前(中)ナショナルジオグラフィックの写真の本を読んだのに、
全然技術のついていかないわたしでした。
もっとちゃんと撮れる様にしなくては!
[PR]
by megtig | 2006-10-19 21:26 | Berlin

Zooでの早朝の祈り、正直なイタリアンの夜。

2006年10月10日、火曜日
長く、内面的なにっき。

前日にフローリアンが電話をくれたので、朝会うことに。
フローリアンは、大学で大事な試験があるというのに、
わたしの昔からの友達であるハインツを迎えに一緒にZoo(ツォー)駅まで
きてくれることになっていた。「一緒に朝ごはんする?」といわれたので、
「それじゃあ、朝一緒にお祈りしたいんだけど。」というと、快くOKが。
朝7:30に駅で待ち合わせ。英語もドイツ語もままならないほど、ねぼけていた。

ハインツのことは、この日記を昔から読んでいるひと、もしくはわたしの近い友達は何度も聞いて耳にタコかもしれないけど、わたしの人生に影響を及ぼした人である。
わたしがまだ小娘の22歳で知り合ったので、当時の28歳の彼はとても大人に思えたものである。わたしは、大学のときにバイト先で好きといわれた相手となんとなく付き合ったくらいしか恋愛してなくて、その前が女子高育ちであったので、彼の存在はとても大きかった。それから、いろんなことがあり、、、奇跡的に友情が今も続いている。

そんな人なので、約3年ぶりに会うというので、実は前日の夜や明け方から緊張していた。
思いがけなく、普通にベルリンで会おうということになって、もちろんうれしかったのだけど。
Zoo(ツォー)は、その名の通り、動物園のあるベルリン最大の森林公園のような場所。
まだ朝もやのかかるピンクがかった空をみたり、金色に光る朝日の当たる橋を渡ったりしながら、ゆっくりと歩いているのは、とっても満たされた時間だった。

More
[PR]
by megtig | 2006-10-18 21:34 | Berlin

学校へ行こう!&Poppyちゃんとおかいもの。

2006年10月9日、月曜日
c0089939_21374044.jpg




なんと、この日は外国語学校でPoppyちゃんのドイツ語コースに参加してしまった!
Poppyちゃんが親切にも、事前に先生に参加の許可を求めていてくれていたため、
クラスで発言はしちゃだめだけど、皆と席について授業を受けていいことになったのだ。

地下鉄で、早々に彼女のクラスメイトたちと会う。おお!この風景、留学中を思い出す。
なつかしい。 でも、ちょっと緊張。 ブラジルから来た明るくて活発な女の子に、
「ねえねえ、東京で若者が多い場所はなんだっけ?Shi…?」「Shibuya!」とか、
「日本で売ってる暖かくて、中に豚が入ってる食べ物ってなに?」「Nikuman!」って会話とかして、楽しかったけど、それらの会話は英語であった(爆)!

先生、到着!

More
[PR]
by megtig | 2006-10-16 21:47 | Berlin

青い空、教会とのみの市。

2006年10月8日、日曜日
c0089939_20533573.jpg

のんびり起きて、窓から中庭をみる。二重窓を開けると、ひんやり
した懐かしいヨーロッパの朝の空気が肺に入った。
キッチンへ椅子を持っていき、おいしいパンやさんの朝食をいただいた。
ここのキッチンの雰囲気が、ヨーロッパでは普通のキッチンかもしれないけど、
妙にわたしの心をくすぐる。 Wolfgang Tillmansの写真みたいな、窓辺の2つのみかん、かご。 そういえば、Wolfgang Tillmansは、いまをときめくフォトグラファーだけど、
彼もドイツ出身だっけ。

More
[PR]
by megtig | 2006-10-15 20:54 | Berlin

ベルリンの最初の印象、住居。

2006年10月7日、土曜日
ウイーン経由で、ベルリンに到着。
といっても、夜9時とか10時のことで、すぐ地下鉄に乗り
泊まらせてもらったおうちに行ったので、到着の日に街はみていなかった。

個人的に訪れたドイツ語圏の国で比べられる街といえば、ウイーンしかないのだけど、
地下鉄は、似ていると思った。地下鉄は、U-Bahnというし、線のことをUなんとか、
と数字で表すあたり。改札がなくて、チケットは自分で刻印しなくてはいけない点など。ただ、ドイツのほうがそれぞれのホームがカラフルで、座席も落書き防止に濃い色で模様がつけてあった。↓Moreにつづく。
c0089939_2332748.jpg

More
[PR]
by megtig | 2006-10-14 23:05 | Berlin