カテゴリ:思ったこと( 36 )

Facebook

昨日、Facebookをはじめた。

mixiもこのblogも放置してしまっているので、、、どうなんだろう?と思いつつ、

Facebook,面白い!!

なにがって、海外の友達とつながること。

あと、わたしの友達がつぎつぎと出てくる!

(この仕組みって、メルアドとかからなのかな?)

5年くらい会っていない友達の顔写真がでてきて、感動!

だれかFacebookやっている人いますか?
[PR]
by megtig | 2009-06-23 22:35 | 思ったこと

Yahoo!JAPANとTOYOTAのアースプロジェクト

ふー。やっと数字が合いました。ほっ。

Yahoo!JAPANとTOYOTAのアースプロジェクトのページ、おすすめです。
http://earthproject.yahoo.co.jp/gallery/top/

美しい自然や動物がみれるだけでなく、考えさせられるデータや自然破壊のこと、
そして、そのためにどんな理解・行動をしたほうがいいかが書いてあります。
[PR]
by megtig | 2009-01-07 12:43 | 思ったこと

おっつ!

RadioHeadのことを書いたら、
昨日だけで、アクセスが167も!!!

いつも、多くて30人くらいなので、
アクセス急上昇!!!

しかし、

読んだ人がためになるような、RadioHead情報はなにもなくて、
すいませぬ。。。

タイトルの「おっつ!」というのは、実は、「花より男子」の中で、
主人公のつくしがよく言う、「おっと!」の代わりみたいな言葉。

実は、最近、花男にはまっていて、

職場の人に漫画37巻を借りて一気に読んだ後、映画もみて、
いまはDVDでドラマをみてるところ(1が終わり、リターンズの途中。)

なにがいいって、

つくしと道明寺の甘くせつない胸キュンの恋と、

F4。わたしは道明寺がやっぱりいいかな。

理由は、男らしくて一途だから。

それで、大財閥の跡取りとして、悩む姿もいいんだよね。

タイプとは違うけど、道明寺のいい間違えもすき。

いい間違えたくせに、「おまえら、何間違ってるんだよ!」とニヤっとして
突っ込むボケっぷりとか。

つくしちゃんの牧野家の明るい家族も可愛い。

昔だったら、類がすきだったかも、なんて思うんだけど、
いまは頼りなくみえちゃうかな。でも、ピンチのときは、助けてくれるので
優しさが素敵。といいつつ、道明寺のピュアさには負けるかなー。
あの獰猛なところと、純粋な感じのギャップがいいのだよね。

F4の友情と、F4とつくしの関係がうらやましい(笑)。
なんて、みんな思うよね。
ドラマも映画も漫画もヒットしたのは、

この作品が乙女心にヒットするから。

台湾版、日本版につづき、韓国版もできるみたい。

すごいな、花男。
[PR]
by megtig | 2008-10-07 20:08 | 思ったこと

北島康介選手

すごいなあ。2つも金メダル。「アテネより、チョー気持ちい。」言わされちゃった、
だって。北島選手の顔をみていると、

無心という
言葉が浮かぶ。

ただひとつの目標にまっすぐ進む力を
もった目。こんな目、最近の人でみたことないなあ。

って、うちテレビがないので、あくまで新聞とネットでなんだけど。

「あいつが泣くとは」と恩師 北島、涙の訳は…という記事を読んで彼の強さと魅力を納得。

小学生のときから、
北島選手は素直で、前向きだったそうだ。

これが、チャンスを生かすすごい才能につながったんだろうね。

素直なこと、前向きなことはビジネスや実社会でも、
成功の鍵に違いない。

その、北島選手について、

かのイチロー選手は、

「君は、魚類か?」

と感心したそうだ。

イチローが言うことも、不思議。真顔で言ったのかな?
[PR]
by megtig | 2008-08-14 22:47 | 思ったこと

世界をひろげる

先日、いままであまり話したことのない男の子と話す機会があった。
グループデートをしてみました。といっても、ただ友達として時間を過ごしただけだけど。
もともと、物理や科学に興味があったみたいで、
宇宙のことや、ミクロの世界が、数式で表せるのを美しいといっていた。

超・理系オンチのわたしとしては、

話は面白いけど、内容が???

でも、おもしろかった!

たとえば、時間ってどこにいっても同じに思えるけど、
太陽に近いほど、早い(!)と数式で証明できるらしいとか。

引力って、どんな物体にも生じているのだとか(!)

太陽系の惑星も、引き合う力で廻っているのだとか(!)

・・・なぜか楕円にまわっているらしい。ニュートン、ケプラー・・・


この間、サントリーの南アルプスの天然水についてきたノベルティのにほんてぬぐいに
sosuというのがあり、その手ぬぐいにデザインされた数字は、
「素数」らしい。
それから気になって、素数を調べてみたんだけど、
超・文系人間のわたしには、さっぱりわからない。。。

だいたい、なんでそんなものが必要なんだ~!!!

と開き直るのがオチ。


この間、ちょっといいなと思う人のことを書いたけど、
やはり手ごたえがない。
いろんな人は、多くの人と出会って、時間をすごしてもらい、
「この人!」と呼べる人に出会っている。

わたしも、いろんな人と話さなきゃ。


この日は、うちに5人が集まった。
3 on 3で、料理。
男子にやらせてみた。

作り方がダイナミックで面白い。

レタスの芯を「ボスッ」と親指でくりぬいたりする(笑)。

調味料も、「テキトーでいいよー。」とガサっと入れたりする。

でも、おいしかった。皆で作ると楽しいし、一石二鳥。


↑の男の子は、年下なので、待ち合わせより早めについたというメールが
全部敬語だった。 ちょっと距離を感じて悲しかった。

と思ったら、

会うと、「めぐー」というので、ギャップがいいね。うれしいです。


後日、カードを交換(thank you cardを送りあうことがわりとある)
したら、

「誘ってくれてありがとう。」(おおそうか、わたしがさそったんだよね。。。)

「めぐとは、共通点が多く・・・」 (といわれても、なにも思い浮かばないけど(笑)

などと書いてありました。


わたしの場合、年下だと、お姉さんぽくなってしまい、疲れるのだけど、
この人は、自然体でいられてラクだなと思ったし、
これくらいてきとうな感じの人(繊細でもあると思うんだけど)
だと、合っているかも?と思った。


って、すきとかではまだなく、単純に友達になっていけたら
うれしいと思ったのでした。


いろいろ深く話せるのって、ほんとうれしい。
[PR]
by megtig | 2008-08-13 13:07 | 思ったこと

ストリートビューは、、、

両刃の剣だ。

数日前からGoogleで日本でもサービス開始のストリートビュー。
Googleの地図へ行き、場所を入力してから、ストリートビューをクリックすると、
写真が360度みれるサービス。


家の住所を入れると、

あまりに鮮明な画像に!

実家も、車やゴミ箱まで写ってた! (きっと火曜日だったんだ)。

これは、米国や英国でも訴訟が起きたりしているけど、
日本でも問題になりそう。

単にプライバシーのみならず、

空き巣やストーカーに悪用される危険性があるのだ。

しかし、、、

京都の小路や、東京を観光気分で訪れるのは楽しいという意見もある。

streetviewが提供されている国や都市は限定されているものの、

わたしも、たまたま留学していたBrest(フランス)のstreetviewをみれて、

懐かしくなってしまった!

いい使い方をすれば、楽しいのだけど、どうなっていくのだろう?

c0089939_13113863.jpg



Le 'Street View', un nouveau service que Google offre au Japon depuis
quelques jours est 'un couteau qui peux couper bien et en meme temps qui est dangereux '.

Quand on est en page de Google-Maps, on tape une addresse,
et clique 'Street View', on peux voir son image en photo par 360 degree.
Ca commence deja en France.

J'ai essaie de mettre mon addresse et

ca m'a ettone que l'image est claire!

La maison de mes parents aussi, tous sont pu voir.
Meme leur voiture et la poubelle... (Il doit etre au mardi...).

Deja, il y a des tribunals aux Etats-Unis et en Angretarre...
Il deviendrait un probleme sociale au Japon, egalement, je suppose.
Non seulement une question de prive, mais aussi
il risque de mal utiliser par voleur ou rôdeur.

Mais em meme temps...

On dit qu'il est sympa de 'visiter' dans les petites que a Kyoto ou Tokyo
comme si on voyage.

Les pays et les villes que l'on peux voir par 'Street View' est limites.
Brest ou j'ai fait mes etudes est au cours de Tour de France et
le Street View est en active.

C'est bien amusant de voir la ville.
Brest me manque bien!

Donc, quand on le utilise propre, c'est un bon service mais
je ne sais pas comme il developpera...
[PR]
by megtig | 2008-08-11 13:01 | 思ったこと

男女の友情って(part2)

(つづきです)。

電話をして、まず昨日のコーヒーがもしかしたら、古かったけど、
お腹こわしてないか、おそるおそる尋ねてみたら、
大丈夫とのこと。

それで、本題に入り、

まぁ、わたしがなぜそれをショックだったかを説明した。
彼は、ふんふんときちんと話をきいてくれた。

でも、

アドバイスをくれた。

そこでまたすっきりしないわたし。

うーん、わたしとしては、ただ話がきいてほしかっただけなんだよね。

典型的な男女のすれ違い(苦笑)。

それについても説明したら、「確かに男はすぐにオチをつけたがる。」と
わかってくれたようだ。

とはいえ、たった1回の会話で、十分理解しあうのには無理なこと。

自分が思っていることを言うことができ、その子も勉強になったと
謙虚に言ってくれたけど(←素晴らしい)

深く話すからこそ、「ん?」ということがでてきちゃうし、
それぞれ自分の意見や自信を強く持っているからこそ、
ぶつかるんだよねー。

その前に、(同時に?)信頼関係を築いていけたらな。。と思うのであった。

まだまだ先が長そう。。。
[PR]
by megtig | 2008-06-15 23:01 | 思ったこと

男女の友情って・・・

ふむむむむ。。と考えすぎなければよいのだけど、
むずかしい。 女の子同士だと、1秒いや、一言でわかり合えることが、
まったく通じないことがあった。

しかも、その相手の男の子は、わたしが久々に、純粋に「友達になりたい!」
思った人なのだ。 純粋に友達になりたいと思えるのは、貴重である。

だいたい、わたしはすぐ人を好きになってしまう。
 

しかし、その子(若いのだ(笑))においては、年齢もあることながら、
好きになるとか、将来を考える対象とかそんなんじゃなく、
話をしていて、とても興味深いし、ためになるし、深いので、その人のことをもっと知りたいとか、

勝手にわたしのほうで、いろいろ話せると思っていたのだ。

でも、

昨日、二人の既婚者カップルと、その男の子がうちに遊びにきてくれたとき、
ひょんなことから、わたしは「うまくわかってもらえない」と思うことがあった。

それを、既婚者の友達(Kちゃん)は気にしてくれて、今日、偶然駅で会ったときに
「昨日大丈夫だった?彼は悪気がなくてただMegのほうをみて話さなかったり、
本を真剣に読んじゃったりしたけど、パーソナルにとらないでねー。」と言ってくれた。

でも、わたしも真隣に座っていたその子をみるより、既婚者の友達とのほうが
目を合わせやすいから、彼をそんなにみなかったし、

うちにある本に興味を持ってくれたり、読んでくれるのは、わたしもマイペースなので
全然気にならないのだった。

問題は、わたしが「パリに行ったときに、ショックだった話を、彼が理解してくれなかった
ことだった。別に、理解してくれなくても、理解を示してほしかったんだね、わたしは。

それは、パリでの出来事-。
泊めてくれた友達(既婚者)がシングルの友達を紹介してくれるという。

別にデートとかではないんだけど、わたしとしても、出会いがあることを楽しみに
していたのである。 待ち合わせには、2人の男性がやってきた。

そのうちの1人が、わたしに会うなり、

「マックでいい?」ときいてきた。

わたしは、せっかく日本からパリに来ているし、最後の夜だったので
それは何かの冗談?!と思ってしまって、

いくらなんでもパリでマックはないよな。。と思ってしまったのだった。。。

これを女子に話すと、女の子はすぐにわかってくれるシチュエーションだと思う。

彼ら(2人いた)も悪い人じゃないし、ただのお茶って思っていたのかも、、、と
いまとなっては思うのだけど、

なんせ、そのときは、ロマンティックな美しいパリで、
もしかしたら、素敵な出会いがあるかもー!
くらい思っていたので、
わたしとしてはショックだったわけです。

で、
昨日の話に戻ると、その男の子は、
「なんで?マックでいいじゃん!なにがだめなわけ?」
なので、会話がむずかしくなってしまったんだよね。
わたしは、自分がどうしてそう思ったかをもうすこし詳しく状況説明したんだけど
(ここでは割愛)

それでも、その子が納得してくれるには至らなかった。

その後、自分で一晩考えて、みんな(主に女子)がわかってくれると、自分を正当化してしまうけど、「なんで?」といわれたことで、自分側の我侭さや、プライドなどもわかってよかった。。

と思ったのだけど、なぜかすっきりしない自分がいた。

なぜかというと、なぜわたしがマックではガッカリしたか、を彼に説明できなかったから。

不完全燃焼だったのだ。

それでさっき、本人に電話した。

それに、電話するにはもうひとつの理由があり、
実は、昨日久しぶりにコーヒーメーカーを使ったのだけど、
特殊なポーションになっていて、淹れるものなので、
中身を切らしていて、この2-3週間、そのマシーンを使ってなかったんだよね。

今朝になって、ハタとわれに返り、

ちゃんと排水してなかった→ということは、数週間前の水がマシーンに残っていたかも!?もしや、お腹をこわしていたらどうしよう!?と非常に心配になり、

電話したというわけ。

(毎度ながら長くてすいません。というわけで。フランス日記もつづいてないまま、
Part2へと続く。)
[PR]
by megtig | 2008-06-15 22:47 | 思ったこと

visuwords

ビジュアルの5ヶ国語辞典をさがしていたら、こんな面白い
英語辞典を発見。言葉が増殖していくーー!

http://www.visuwords.com/
[PR]
by megtig | 2008-02-19 15:16 | 思ったこと

クライミングの山野井夫妻

先週月曜日(1月7日)に、世界的な登山家である山野井夫妻の
ドキュメンタリーをNHKスペシャルでみてから、この1週間近く、彼らが頭から離れない。

その番組を見たのは、最後の20分くらいであるにもかかわらず、

完全に彼らにひきつけられてしまった。

二人は、山野井 泰史さんと山野井 妙子さんといい、世界的なロッククライミングに
挑戦してきた人たちである。

わたしが彼らの何に惹かれたかというと、まずはその番組をみていたうちの母と
妹が、ものすごくテレビに釘付けになっていて、その空気が、
単たる山登りの番組ではない何かを既に感じされたということ。

NHKの番組案内から抜粋(一部略)すると、

『彼らが2002年秋、二人はヒマラヤの高峰ギャチュンカン(7952メートル)に挑戦した際
、雪崩に襲われた二人は、生死の境をさまよいながら、奇跡の生還を果たした。しかし、凍傷で泰史さんは10本、妙子さんは18本もの手足の指を失い、クライマーとして致命的なダメージを負った。』

今回の番組は、その後で、彼らがグリーンランドの山に挑戦するというものだったのだ。

そして、予備知識がないわたしの心に残ったのは、
だんなさんの泰史さんが、クライマーとして一番充足感を得られるトップ(先導者)
を、ゴール寸前で奥さんの妙子さんに譲ったところだった。

山野井さんは、顔がアンガールズの田中さん(右)に似てると思う。
そして、時々阿部寛さんにもみえる。
かっこいい。 

でも、そのかっこよさは山に登る姿(スタイル)にある気がするし、
奥さんに、さりげなくゴールをゆずる優しさから出てると思った。

奥さんの妙子さんがまたすごい人みたいで、

それは、沢木耕太郎氏が小説にした『凍』を読んでいてよくわかった。

(番組をみてすごく気になったので、この本を買った!)

特に印象に残ったのは、妙子さんが、手足の指を失って
普通の人なら痛さに耐えられないところを、看護婦さんや他の人たちと
雑談をしているくらい精神力が強く、周りを気遣う人ということだった。

それにしても、このヒマラヤのギャチュンカンの二人はすごい!

すごすぎて、小説化された文章を一気に読み、興奮して眠れないくらい(笑)。

落ちれば東京タワー3つ分の氷の壁を登っていくところや、
あまりに垂直な崖のために、横になれぬまま、
ロープをブランコのようにしてそこで一晩過ごすとか。。。

彼らがものすごくシンプルに生活し、飾り気ない人柄なのも
魅力的。

こんなすごい人たちが日本には居るんだー!と感動。

自分も、ウォールクライミングの体験版から試してみたいと思った。
今年こそ!

ちなみに、山野井さんはhpと、日記をweb上で書いておられる。
こんなにすごい人たちなのに、ちょっととぼけた感じの
やさしい文章がまたたまらない!


山野井通信
山野井日記

山野井泰史さんがご自身で書かれたという『垂直の記憶』はまだ入手できず
(Amazonで3-5weeks待ち)、以前の『情熱大陸』や今回のNHKスペシャル
(以前BSではもっと長くやったらしい)も再放送か何かしてくれないかなあ!と
希望してます。 こんなに凄い人たち、もっと取り上げられてほしい!

彼らはスポンサーも出来るだけつけないで、シンプル&ストイックに生きていくのが
また素晴らしくもあるんだけど。 でも見た人は、励まされるなあ。
とにかく、もっと彼らのことを知りたいと思った
1週間でした。 そして、山に登りたい。
[PR]
by megtig | 2008-01-12 19:07 | 思ったこと