カテゴリ:美味しいもの( 9 )

食べ物のこと。

今日は、おほうとうをつくってみました。

ほうとう、というのは山梨の郷土料理だと知ったのは、ずいぶん後になってから。

うちは昔から普通に食べていました(地元料理ってそんなものだよね)。

いつも、ハハが作るので、

実は作ったのはじめて。

でも、

味はいっしょになった♪

c0089939_20344925.jpg


われながら、おいしい。ほっとする味。

ウェブでみると、レシピがかなり凝っているように思えるけど、

家だと余りものの野菜を入れたりと、ごくシンプル。


ちなみに、今日は、かぼちゃ(必須)、だいこん、じゃがいも、

をまずだし入りのお湯でゆがいて、そのままやわらかく沸騰したところで、

おほうとうの麵をほぐしていれ、 にんじん、油揚げ(個人的にすき。meg家では入っている)

ゆでられたら、最後にお味噌。

出来上がり!かなり簡単・ヘルシー・暖まるので、Good!

今日の東京は蒸しているけど、、、



ところで、アメコミラブ(アメリカのコメディーラブ映画)をよくDVDでみるんだけど、

(お気軽だし、英語も勉強になるから)

よく実家に帰るとでてくるのが、

パンケーキだったりする。

c0089939_20401998.jpg


これは、"27 DRESSES"の中ででてきたくまちゃんパンケーキ。

映画の中で、昔やもめとなったお父さんが姉妹たちに焼いてくれるもの。

"13 Going On 30"では、ニコちゃんのパンケーキが登場している。

アメリカでのパンケーキやアップルパイって、

日本のおにぎりやまきずしみたいに(??)

おうちの味なんだろうなあ。


ともかく、おうちのごはんはほっとするなあ。
[PR]
by megtig | 2008-10-25 20:44 | 美味しいもの

夏野菜!

今日は、昼間、Akiさんの家へ。
この家ではよくamway(アメリカの会社)関連の料理教室とかをやっている。
メイク教室とか。今日は、栄養学とシフォンケーキだった。
わたしは知識を得るために利用させてもらっていて、
あと女性ばかりがわいわいと集まるのは楽しい。

集まった人たちが、家でよく漬物を作るという話をきいて触発されて、

わたしもきゅうりの漬物を作ってみた。

きゅうりと、しょうがをスライスして、ポン酢に浸すだけ。

まだよく漬かってないものの、簡単だし、さっぱりしていて美味しい。

そして、夏野菜を食べたくなり(栄養の話をきくと、ちゃんと摂らないとって思うんだ。
→単純。)

家で夕ご飯用に作ったのが、ラタトゥイユ。お鍋は、ルクルーゼ(→コトコト煮に最適)。
c0089939_21205459.jpg

作り方は、

①クルジェット、トマト、たまねぎ、パプリカ(赤)を適当な大きさに切る。

②たっぷりめのオリーブオイルで、たまねぎをいためる。

③①の残りの野菜を、にんにくをたしていためる。

④塩、こしょう、ローレル、タイムで味付け。

⑤あとは煮込む。

というもの。フランスに長年住んでいる方のレシピ〔昔OVNIに記載されていた)
を参考にしてみました。パプリカは何色でもよいし、ほんとうはおなすを入れるのでしたが。
おためしあれ!


ラタトゥイユは、おもいっきりフランス風だけど(とくにタイムの香りをかいでると
そう思う!)

わたしは、もう一品と思い、夏だから避けていたお味噌汁が急に飲みたくなり、

ゆうこさんにいただいた四万十川のあおさ(海苔)とぶなしめじをいれた
お味噌汁も作ってみた。

やはり、手作りだと、身体にも心にもいい気がする。

暑い夏、バテないでのりきれますように!


さて、
[PR]
by megtig | 2008-08-16 21:27 | 美味しいもの

やっぱり和食だす。

実は、生まれて初めて和室に住んでいる。

もともと和食が大好きで、
ある日の献立は、なめこ汁にごはん、うめぼし、昆布。

かなり質素ですが、作りすぎて翌日リメイクすることも多々あり。

たとえば、ツナのパスタを翌朝サラダスパにしたりとか。

一人分ってむずかしい。

ともかく、

VIVA 和食(笑)。

c0089939_1238252.jpg


C'est la 1er fois que j'ai ma chambre en tatami.

Et depuis mon enfance, j'aime la cuisine japonaise.

Photo: soupe de soja avec nameko (une sorte de champignon)
et boule de riz avec ume-boshi (prune japonais) et goemon...

Il est trops semple? Peut-etre. Mais je cuisine beaucoup trops
pour une personne. C'est difficile. Je dois manger les memes
que le jour avant. Je change un peu. Par example, je fais un
spaghetti au thon et l'arrange pour une salade de pates...
En tout cas...,

Vive la cuisine japonaise ;)
[PR]
by megtig | 2008-04-08 12:55 | 美味しいもの

2月のパン教室

二月の最終週に、Baking Studio Grano di Ciacoパン教室にて。

先生のお教室では、早くも春を感じました。

c0089939_23385231.jpg

ミモザにチューリップにネコヤナギ...

c0089939_2339576.jpg

そして、お雛様たちも。 ひな祭りって、春のやわらかさを感じます。

パンのほうですが、
こちらはハリウッドロール!
c0089939_234103.jpg

これがー、甘くて、でも香ばしいグラハムなので、、
最高に美味しい(全部食べれると思った程!)

何故、ハリウッドなのかというと、ハリウッドの女優さんたちって、
健康や美容に気をつけているでしょう?
このパンは、ローストした胚芽とヨーグルトが入っているのです。
だから、ビタミンB群、ミネラル、ビフィズス入りというわけ!ということです。

ぜったい、家で作りたい!(→ってことはまだ作ってません(汗))。

この日、一緒にパン作りを習った生徒さんの一人が、
素敵なお土産をもってきていらして、
わたしたちも頂きました。

c0089939_23452721.jpg

桜のマカロン。

なんと、中に桜の葉の塩づけを刻んだクリームが入っているの。

桜って、、、

日本人の琴線に触れるのだわ。。。

写真からも、せつないような胸きゅんの美しさが伝わりますように。

そうそう、そして忘れてはならないのが、
ホシノの天然酵母を使ったカンパーニュ。

c0089939_23475849.jpg


前回より、少しだけ、パンをこねるのが上手くなりました♪

これまた、同じ天然酵母を使っていても、バゲットと風味が違うので、

パン作りは奥が深いと感じました。

いうまでもなく、美味しかったー。

先生は、テーブルセッティングもさすがで、

飲み物のサーブの仕方や、グラスの使い方がとても勉強になります。

こうして書いていると、

また食べたくなってきたー!次回は4月で、それまで間があるので

なんとか道具を揃えて挑戦したいなあ。。。
[PR]
by megtig | 2008-03-04 23:57 | 美味しいもの

パン教室 第1回目

先日、Baking Studio Grano Di Ciacoというパン教室に、仕事をさぼって初参加してきました!

こちらの先生のことは、この↑blogでみて、素敵なblogだったので、

こうゆうところでパン作りを習ってみたい!と強く惹かれ、

人気がありそうだから、無理かなあとダメ元でお問い合わせしたところ、
なんとOKで、すごくラッキー。 

先生は、もうひとつの本業がインテリア・コーディネーターさん。
家の中のインテリア(あ、馬に乗馬みたいに重複) は興味あるので
美味しいパンとWで興味ありでした。実際、想像してたように
こんな感じでとっても素敵!

c0089939_2154693.jpg


今回、挑戦したのは、天然酵母のバゲットと、ドライイーストで作るイングリッシュマフィン。

フランスパンが自分の手で、しかも、天然酵母で作れるなんて、

すごくない?

マフィンも、手作りとは、思いつかなかったので、嬉しかった!!

これが、オーブンから焼きあがって冷まされ中のマフィン。

c0089939_21574160.jpg

お察しの通り、今回は、久しぶりに写真を撮ったので(←それでいいのか?)
はりきってupデス。

生徒さんは、わたしの他2名。お二人とも、主婦なので、手際もよく
気遣いもあり、さすがー!と思いました。

で、マフィンはよかったけどバゲットを延ばすのに苦戦。。
(先生、すみません。)

不器用さが出てしまった。力を入れないようにと思っても、
力はいってます(苦笑)。

しかし、、、

なんとか出来上がりました!

c0089939_222690.jpg

味は、最高に美味しかった。酵母の味がちゃんとしてて、
外はパリっと、中はもちっと。

自分の家でこんな風に焼けたら、すごいなあ。

作っていたときは、何もかもほぼはじめてて、
絶対自分では無理。。と思ったけど、

ちょっと経ってみると、こね機とか天然酵母の保温装置とか
買って、作りたいな!と思うように。

だって、美味しいんだもん♪ 先生お手製のポトフもほくほく。
(この日(火曜日)は寒かったー。)

c0089939_2251379.jpg

次回(来月)も楽しみ。本格的に教えてくださる先生に出会えたことに感謝。

c0089939_227438.jpg

c0089939_2281119.jpg

この日は、これだけでも素敵なのに、

更に、帰りに、わたしのお菓子の先生パティスリーRのれいこ先生が、スパイラルマーケットにお菓子を出されて
いたので、しもまゆちゃんと会って、先生のお菓子に再会した!

美味しい!懐かしい味でしたー!

しもまゆちゃんと、下北沢まで行き、 ずっと気になっていた
タイ料理やさんへ。

屋台みたいに可愛らしい店内のお食事は、本格的で、トムヤンクンとグリーンカレーも
最高でした。

しもまゆちゃんにバゲット1本おすそわけしたら喜んでくれて、うれしかった。

その後、お気に入りのつきまさへ。

ここの日本茶、すごく美味しいのです。

今日の日記、美味しいしか書いてない。。

だって、ほんとなんだもん。

わたしは大の日本茶好きなのだけど、

お茶って、ほっとするというか、

日本人に生まれたことをしみじみ感謝するくらい、

素晴らしいって思う。

つきまさにいるカメは、、、


名前


かめまさ。

可愛すぎる。じたばた泳いでいるひれのついた手足がたまらない。

かめまさのことを話していると、こっちをみる(気がする)。

写真は、大根茶。しょうがと大根で、風邪ののどを暖めてくれました。

c0089939_22171856.jpg

外は極寒だったけど、

こころは暖かな一日デシタ。
[PR]
by megtig | 2008-02-02 22:18 | 美味しいもの

最近はまっている食べ物。

日記、あまりに久しぶりで何を書こうと言う感じ。

最近、はちみつ梅(カンロが出してる)にはまっています。
きざみゆずが入っていて、甘くて。
仕事の合間に食べていると、甘いんだけど、あますぎず
ほどよい酸味で身体がしゃっきり。

あと、
カフェインをなるべく摂らないようにしていて
(体質的な問題)
でも、コーヒーを飲みたいので、
スタバックスの、ディカフェ(カフェインフリー)
のコモドドラゴン(豆の名前)にはまっています。
かなりボルドー(深い)味で、
秋にぴったり♪

カフェイン抜きなので、夜のめるのもうれしい。
[PR]
by megtig | 2007-10-06 21:33 | 美味しいもの

『すべては一杯のコーヒーから』

タリーズ(スペシャルティコーヒーショップ)を創った松田公太さんの著作。

一言で、いうなれば、この人は熱い! 情熱の人だ。

わたしはこういう人が大好きである。

タリーズのことは前からコーヒーも食べ物も味が美味しいし
店員さんも感じがいいので、大好きだったので、

そんなお店を作った人はどんな人なんだろう?と思って読んだ本に
数日間夢中になり、涙し、一緒にドキドキした。

特に印象に残ったのは、

彼の幼少期のセネガルでの生活や、アメリカでの青春もそうだけど、

夢をかなえようと奔走する姿。

そして、家族の愛。

お母さんが具合が悪くなってからも、立ち上げたばかりのタリーズに
寝袋で寝泊りする息子のためにおにぎりをにぎってもっていったことや、
弟さんのエピソード。

そして、この言葉。

"宇宙の誕生や、地球上に生命が生まれたときに遡って考えてみてほしい。
人は誰しも天文学的な確率でこの世に生を受けているのだ。
わたしたちは生まれたときから特別な存在であり、一人一人に必ず
「天意」が授けられている。

それに気づかずに生きるのは、自分の一生の半分も全うしてないのと同じでは
ないか。”

松田さんは、特定の神様を信じてはいないみたいだけど、
立派なfaithを持っていて、

実際にそのように、受けた生を無駄にしていない彼の生きかたは、
かっこいい。

その一方、自分ほど恵まれた人間はいない、
出会った人の一人でも欠けていたら、いまのタリーズはないと

常に感謝している。

素晴らしいーー。

書きたいことが止まらない感じになるので、この辺で。

さいきんわたしは、和民の社長、渡邉美樹さんにも注目している。

この人も素晴らしいーー。

こういった経営者の共通点は、人柄がほんとに魅力的で、

情熱、いいものを創って、日本をよくしたい、お客様に喜ばれたい、
そしてお客様や従業員に感謝し、謙虚だけど、
夢は大きくもち、その上、努力をおしまずかなえていくこと。

しかし、

同時に偶然ワタミもタリーズも外食産業。

けっして簡単なビジネスではないだろうと思う。

その理由は、素人のわたしでもわかるけど、新鮮な食材は

保存のキープが大変だったり、成功してチェーン店が増えるほど、

質を保ち高めていくことがむずかしいなどのことがあると思う。

事実、タリーズはつい最近伊藤園の傘下に入った。
タリーズ以外のアジア茶のほうの店舗が振るわかなったせいで、
株を売ったのだとか。お茶というのは、日本茶など、家でタダで飲める
イメージもあり、トッピングなどがあるのも、やや抵抗があるので、
海外のほうがウケる気がする。。。

Anyway.
今後のタリーズ、そして松田さんの生きかたにも注目したい!

(なんて偉そうですが。。タリーズ、最初はTully'sって書くから、
チュリーズかと思っていたわたしでした。。いまでは大手町近辺の
タリーズについてはかなり詳しくなりました。
これからもファンでいると思う。)
[PR]
by megtig | 2007-03-11 20:50 | 美味しいもの

ピノ・ノワール 利き葡萄酒Party!!

(le francais suivant)
昨日、わすぴ&ぴー宅
ワイン・パーティー。c0089939_23225144.jpg
c0089939_23232247.jpg

c0089939_23234957.jpg
ピノノワールというぶどうの品種から作られた
各地のワインの味比べ。楽しかった!

ピノ(略してみたがピノ○○など違う種もあり)
は、繊細で育てるのがむずかしいけど、美味しい種類
だそう。

フランス、アメリカ、オーストラリア、チリのワインを
飲んだ。同じ種類でも、味は全然違う。

ちなみに、どれが高い?というクイズで
わたしは当てたっ!まぁ、ほぼ、原産地のブランド力と
物価で当てちゃったので、純粋にワインの価値では
ないのだけど。

ちなみに、高い順から、上に書いてある国の順。
(6000円から1500円位)。

ただし、皆の満足度からいって、
一番人気はチリワイン。コストパフォーマンスがよろしい。

チリワインは、食事を邪魔せず引き立てつつも、
香りもちゃんとある感じ。

フランスワインは、嗅覚の鋭くなってるぴーちゃん
曰く、少し空気に触れると香りが出てくる、
とのこと。私的にはまぁまぁ。

アメリカは樫の樽の香りがついてて、これはわたしごのみ。
わすぴ&ぴー夫妻もけっこう気に入ってた?深みはないけど、
親しみやすい、アメリカ人のような(?)ワイン。
かといって食事を引き立てる系ではないな。

さいごに、オーストリア。悪くもないが、
特に特徴、香りを感じられず(厳しい?!)。

という感じでした。どれも甘くなく、好みだったけど、
チリとアメリカがよかったかなー。

ワインだけでなく、くりちゃんがとびきり美味しい
有機野菜を持ってきてくれた!
何もつけなくても、やさいの甘み、最高においしい。

あと、グリルしたらさらに野菜の甘みがでて
それも◎だったり、発酵パンとアンチョビディップとか
mmmm、ほんとにどれも美味しかったーー。

久しぶりに1年ぶりに再会した友達ともいい時間で、いろいろ話せたし、
皆それぞれ起業したり、夢があって、
人生や、日本に新たな希望を持って生きている
人たちで、刺激を受ける。

それだけじゃなく、みんないいひとたちで、
安心してリラックスできたのもよい土曜日でした!

Le dernier week-end, chez le couple de mes amis, nous avons eu une soireee
‘Pinot noir’. Comme vous savez, le pinot (ou pinot noir) est un cépage de vigne répandu en France, Le pinot noir est un cépage noble, à maturité rapide, ce qui permet de le cultiver dans des conditions climatiques sévères de l'Europe du nord. Le rendement de ce plant est assez faible, tout au moins pour les cultures respectant la qualité du vin (moins de 50 hl/ha). (de Wikipedia).
Le soir, on a degouste les vins de varietes: de la France, Les Etats-Unis, l’Australie et le Chili.
Les chaques gouts sont tres differents.
Il y avait une devinette “le quel vin est le plus cher?”.
J’ai gagne!! Mai j’ai justment devine par prix aux marches et du name-value (la valeur de griffe ?) de pays d’origines.

Oui, les prix plus haut: France, en suite, Les Etats-Unis (c’est pareille que j’ai note dessurs.)

Biensur, le gout n’est pas comme prix, tu sais. Chaq’un a son gout, mais
le plus populaire entre nous etait le vin chilien le soir-la.
Il ne derange pas des repas, mais
ca sent bon.
A propos du vin francais, Yoshie (hotesse de la soiree) a bon nez (comment dire?) a dit qu’il est devenu mieux après toucher l’air.
Quel q’un a dit qu’il a un gout elegant, parce qu’il est francais.
A mon avis, ce vin n’etait pas mal.

Le vin de Californie m’a plait, parce que j’aime le gout de vin en fûts de chêne.
Il n’est pas complexe. I est comme un American. Il est sympa et simple.
Mais il est aromatique, donc, pour les plats, peut etre un peu trop fort.

Le vin d’Australie n’a pas son charactere particulaire, vraiment…Ce n’etait pas mal de tout…

Non seulement les vins, une amie Kuri, nous a apporte des legumes organiques!
Ils sont ete super bons!!!
Sans dips ou epices, ils etaient deja trops bons...!
Apres grilles, les legumes ont devenu plus deux.

En plus, il y avait des pins bios, des poulets, etc, etc...
Tout etait tres tres bon!
Ah, c’est vraiment difficile d’expliquer le gout en francais!!!

J’ai eu un bon moments avec mes amis. Entre eux, il y avait des amis que je ne les ai pas vu pendant 1 ans ou plus!!!
Surtout ce soir, il y avait des personnes qui veux commencer ses affaires de soi-meme. Chaq’un a son reve. c’est vraiment courageoux!
J’etais si detendue et c’etait un super bon week-end:)
[PR]
by megtig | 2006-12-03 23:33 | 美味しいもの

昨日の日記の続き(感謝祭in Japan)

昨日は家に帰ってからポストカード作りに夢中で、
日記がさらっとしすぎてたかも。

昨日のThanksgivingの追加です。

まず、あのターキーって、解凍するのに数日かかるんだって!
つまり、前日ではアウト。しかし塊は大きいので、3日くらい前とかに買うのがベスト。

あぶぅさん家や、F子さん(同じくパーティーに来てた)は、
このターキーを焼くために、大きいオーブンを買ったそう。

いいなあ。大きいオーブン、大好き。

そして、食べるとき七面鳥(ターキーと同じもの。って
皆知ってるか。。)の付け合せが、
これまた、外国ーって感じ。

北米っぽいし、イギリスっぽい感じがしない??

・スタッフィング(ターキーの中に詰め物する中身。
 このスパイスや野菜が外国~♪)
・グレービーソース(大好き!!)
・クランベリーソース(意外といける!)

などと一緒に食べるの。

Thanksgivingについては、Wikipediaをどうぞ。
なんで、アメリカとカナダであって、他の地域では
やらないかがわかるので。歴史でも習ったよねー。


帰り道、一人になって、寄り道。
ふらりと初台はオペラシティーのお店へ。
カンペール焼きのお店を発見!

カンペールって街の名前で、近くの街に留学してたので、
なつかしくなった。この街の名物が、300年以上続く
カンペール焼き(陶器)なのである。

この街は可愛らしくって、日本ではまだまだ知られてないと
思うけど、行く価値あり!のブルターニュの観光地。

お皿も、しらなければ、大分フォークロリー(民族衣装の
娘とか)の絵柄で素朴なので、

素朴すぎるとパスしてたかもしれないけど、

本場で本物に触れると好きになるってことあるよね?

わたしにとって、Quimper焼きはまさにそれで、
一つ一つ手描きなのでお土産で買ったお皿はいまでも
大切にしてるのだ(大切にするあまり、使わずにとってある!いいのか?)。

だから、東京でも品揃えの多さをみて、喜んだわたし。

普通、フランスのものを日本でみるとがっかりするけど、
陶器は別かも。

フランスから買って持って帰るのにかなり躊躇するけど、
東京で買えるのならありがたい。

そして、カリス成城にもふらりと立ち寄る。
多分、このお店って、ハーブグッズとかの老舗だと思う。
そこで、Weleda(こんどは綴り、合ってるよね(笑))
のクリスマス用ミニオイルセットを買う。

かなりお買い得♪

シラカバ、アルニカ、ラベンダー、
シトラス、ヒッポファン、ワイルドローズの
100%天然ハーブオイル。

ドイツで気に入って安く買ってから、
東京でもみつけて、こちらも嬉しい発見!
オペラシティー、何気に使える!

オイルのうち2種類は、最近体調を崩しがちな
上司(お世話になっている)にプレゼント。
喜ばれた♪
使ってくれて、少しでもリフレッシュしてくれると
いいなあ。。

いやー、ほんと、帰り道まで楽しかった昨日、
休日だった!
[PR]
by megtig | 2006-11-24 23:56 | 美味しいもの