<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

なぜもっと学ぶ必要があるか。

昨日の日記での数人からの反応と自分が思っていることについて。

仕事で使えるレベルでなければ、確かに観光程度なら、
友達と話すくらいなら、これくらいでもいいと思う。

ただ、大学でやってきて、留学もしてるのに、

資格がないって(フランス語検定) ずっと取りたいなあと思っていた。

欧米ではよくダブルメジャーで、「経済と工学を学んでる。」とか

「法律と国際経済を専攻してます。」とかっていう大学生に会ったので、

「フランス語をやってた。」というと、「で、後は?」ときかれることが多い。

そのときに、

「フランス語だけ。」というと、

で、そのレベルかよ!とつっこまれそうで怖い。

だから、旅行などで、観光客としてフランス語を褒められてもちょっと

嬉しくないんだよね。

プライドが高い?

もっと勉強して、勘を取り戻して、試験を受けたいのである。

先日、フランス語を学ぶ必要を実感した出来事があった。

それは、訳文の宣誓書をフランス語で作成するようにと上司から

いわれたことであった。

はじめは、

「フランス語のお仕事ー♡ 」とるんるんしていたが、

公証に出すということで、つまりは公に遺言などもあつかう公証役場で、

「私は、フランス語も日本語も堪能であり、この訳文は私の知る限り、
完全です。」と宣言するということになるとわかり、

青ざめました。。

そんなきちんとした文章、自信がない!

で、あわてて、フランス人の友達にSOSして助けてもらった。

直された文章を読むと、美しい!!

やっぱり、違うのだ。

例えるならば、同じメロディーを奏でていても、

中学生の演奏と、プロのオーケストラの演奏くらい。

フランス語が出来ますという文章を作りながら、人に頼るこの矛盾。。

なさけない! 仕事で使えるフランス語を習わねば!と思った次第。

将来、ヨーロッパでワークショップ参加や、写真や写真展とかなにかやりたいときにも

勉強しなければ、と思うし、

と考えていたのが昨日の日記だったのでした。

仕事でちゃんと使えるように学ぶのが一つの目標です。
[PR]
by megtig | 2007-03-29 00:59 | my life

語学オタクじゃないよ。

春は習い事スタート、の季節なり。

うーん。最近ここ数週間、ずっと悩んでる。
何を習おう? ほんというと、習いたいものは決まっているんだけど、
どれに絞ろうか。。。というところ。

写真をじっくり習いたい、とも考えているけど、ぴんとくるものがなくて、

語学をやりなおそうと。

最初にいっておくけど、わたしは語学オタクではないから!

言葉はあくまで、手段だと思っている。

伝えることは、わたしにとって大事なので、結果として言語を習っているけど、

すきな言葉じゃないと習えない。目的がないとね。

なんて、かっこつけていってみたけどさー、

告白すると、わたしの語学力って、、

ほんとに...

中途半端なの。。。


突っ込みずらい感じの。。


英語: TOEIC 830点(リスニングは旧式のときに毎回満点だけど、
Aランク(860点以上)に満たない。

フランス語: 準1級(の1次試験は受かるんだけど、2次で落ちてた。それも、
10年以上前で、それから受けてない(爆))

ドイツ語:試験受けたことなし。(っていうか今のレベルではお金がもったいなくて
受けられないー。)

ってわけで、

わたしが勉強したいのは、

英語: これさっ!

だって、やっぱり900点は欲しい。。
できれば990点(満点!)でしょ!

それにこの教材、面白そう!!(←これ大事)
実践に役立ちそうだしさ。

フランス語:この学校か、
この学校か。。
迷うんだよね~。前者は、家から行きやすいし、名前どおり、サンパ(感じいい)な雰囲気
っぽいし。後者は仏検のリベンジによさそう。
とりあえず、見学に行こうと思ってる。

ドイツ語:ええと、今の公文式と
会話クラスは続けるつもり。

って感じです。

ああ、全部やりたい!

英語は仕事で必要だし、なんだかんだいって、絶対国際的に
世界を股にかけるには(笑)必要だよね!

フランス語:は愛してるし、うん、やっぱり、芸術の仕事に将来かかわりたいので
必要。

ドイツ語:が、、なんか、やる動機がいまいちないのよね。
辞めたい(ボソッ)。わたし、なんでドイツ語やってるんだろ(苦笑)。 ドイツ語、可愛いし論理的だからすきだけどさ。

今やめれば、かなり意味がないよなあ。。

でも、だめだめ!今が一ばん、つらい時期なのっ!ここを乗り越えれば、

きっと明るい未来が待っている!

・・・はず。

これ全部習っていったら、トゥーマッチかな??

うーん、全部やりたいよー。今の自分と将来に必要だし。
困った!

春なので、むずむず(花粉でなく)してくるのでした。
[PR]
by megtig | 2007-03-27 22:58 | my life

写真展好評開催中。

月曜日からはじまって、
昨日、今日と午後の時間をずっとギャラリーで過ごしている。

6時間とかいて、これがまた全然たいくつではない。

一人のときは、家のようにつくろいで、
好きなことをしているし(他の出展者の感想を書いたり
自分のポストカードを整理したり)、

誰かがくれば、話をしたり、出会いがあったりするし、

友達がくれば、もちろん嬉しいし、楽しい、

みたいなカンジで。

皆様、ありがとうございます!!

写真展、っていいね。なにかを発表する場や人と会える
場所って素敵です。詳しいことはまた。。

今週も、金曜日午後と土曜日はずっといるので、
金曜14:00-19:00と
土曜12:00-16:00くらいによろしく☆

しつこいけど、日曜日はお休みです(ギャラリーが)

http://nadar.jp/tokyo/
[PR]
by megtig | 2007-03-24 21:26 | photos

BBQ, Karaoke & Art +Life

そう、タイトル通り、今週は祝日もあって、充実!

昨日(春分の日)は、井上家でBBQ!
お肉はもちろん、本場中国の餃子、ちゃんじゃん焼き(?)、
ホタテ、イカ、さざえなど、ほんとにめいっぱい食べた!食べた!

その後、なんとカラオケに行っちゃった!
すごく久しぶりー。
皆、上手すぎて落ち込むけど、、
楽しかったー。

5時間も歌い、踊り、終電間際になりました!

予想もつかぬ展開(笑)。

いままでmixiでメールしたことはあったけど、初めて会った
トラちゃんとも話せてhappy!
彼女の人生からもたくさん励まされたわ。
もっと話したかったー。今度またいろいろききたいな。

人生、出会いは素敵だよね。

出会い、といえば、この間、オーストラリア出身のサラちゃんとも
お友達になったの!
ずっと全部日本語で話せて、うれしかったわ。

彼女も絵を描いたり、表現するのが好きな子で、
夢をたくさん持っているし、価値観が近いみたい。

またお茶する約束をしてうれしいな♪

このあいだ、NotreのMさんとも話していたんだけど、

刺繍に没頭とか、綺麗な糸を眺めていたり、
なにを創ろうって考えたり、

そういうのってしあわせで、

綺麗なものをみていると(作る系の材料とか)

心臓がばくばくしちゃうって(笑)。


そういう話が合う人と話しているだけで、至福だわ。

今日は、たくみさんというアーティスト兼ビジネスでも成功している人の
講演会に行ってきた!

この人が、超人気らしくて、じつは実物じゃなく中継でみたんだけど
(サテライトの授業の予備校かっ!って感じ)

かっこいい!

しかし、話すとちょっとおねえさんっぽい(注:男性です)。

誘ってくれたゆぅちんさんの話では、あるところまで行ってる大物って
中性的な人が多いとか。

でもって、女性の場合、男っぽい人が多いとか。

うん、なんとなく、わかるような。

でもなんでなんだろ?この謎を解明したいわ!

たくみさんの話は面白すぎて、感性の人でもあり、でもちゃんと明確に
伝える技を持っているすごい人。

たとえば、カリブ海の超豪華クルーズと、小学生のときの田舎暮らしを
同じテンションで、ものすごく楽しく話せる人。

Wow! 聞いててひきこまれちゃうんだよね。

ビジネスの話というより、おかん(とは言ってなかったか?お母さん)のこと、
仲良しで、スカイプしてるという話から、

昔、エチケットブラシを反対に使って服にほこりがついたなどの細かい
話。

NYCに最近行って、友達の彼女がすごいストンプの人だったことや、
バスキアのアトリエの跡地を友達が事務所にして(!)
ゆくゆくはバスキアの住んでいた頃に再現してバーをしたいといってたことなど
(行きたい)、

宇宙ロケットに乗って、宇宙へ行こうと本気で考えて感動していることなど。

こうして書くと、実にとりこめなかったりするんだけど、

本人が、それも真剣に純粋に楽しんでいて、それがかっこいいというか、

すごい説得力ある人生だなと思って、

刺激を受けました。あ、本人ブログあるんだよね。
ここでした!

帰り、ゆぅちんさんとお蕎麦やさんへ。
今日のゆぅちんファッションチェックは、
白のコート、白のパンツなど、素敵な春らしいコーディネート。
これは長身で、スタイルよいから似合うんだーー。
すてき。

あれこれ話して、家ではスカイプでMikaと話して、

ほんとに充実。

書ききれないことが山ほど。もう、濃いよね。ほんと。感謝です。

とりあえず、アンテナ張って、心に貯めたものを
表現できればと思う。

そのために、心をのぞいて、感情の絵の具をまぜて(ってきょう聞いた話)

こころのなかで具象化してく、そんな大事なヒントをたくさんいただいた今日。
[PR]
by megtig | 2007-03-23 00:27 | my life

"the family stone"

Un film que j'ai vu, avant hier.

Le titre: "the family stone" (Je ne sais pas le titre en francais,
"pierre de la famille"???).

Chez Amazon, son DVD etait que moin de 980 yens (6.2 Euro!),
donc, je l'ai achete.
J'aime beaucoup Sarah Jessica Parker qui joue la role d'heroine.
Son charactere est different que SATC mais elle est excellente, je trouve.

Le scenario, il est classique comme -

L'heroine visite les parents de son petit ami et oblige de passer
une semaine chez la famille, mais elle ne s'ameriore bien avec eux...

Mais ce n'etait pas mal de tout!

Les autres acteurs sont bien tallentes.

On peux trouve une atomosphere d'une famille qui touche couer.

Diane Keaton (joue la mere) est tres cool!

J'aimerais bien comme elle quand j'ai son age.

Elle a l'air intelligente, claire, vivante qui s'habille chic!

Le directeur de ce film tornait des ouvres independant pendant long temps. Le scripteur (?) est une meme personne.

Il doit etre quelq'un qui aime l'humain. Il met importance sur
la communication avec des acteurs, actrices.

L'air sympa est sur l'ecran du making.

J'aime beaucoup qu'il y a des beaucoups de sourirs dans les
images, comme une vraie famille.

C'est tres americain, mais sympa!

Une famille est qqc naturelle. On se dispute souvent,
mais en meme temps on s'aime.

Le film s'explique une famille, bien. Aux prix moin 1.000 yen,
tu vas rien a perdre.

Les scenes dans la maison, j'aime bien, aussi.
Un peu comme bazar, mais charment.
[PR]
by megtig | 2007-03-20 13:02 | en français

『幸せのポートレート』

Sarah Jessica Parkerが主役のこの映画が、Amazonで980円だったので
購入♪ 意外とよかったー!

原題は、"the family stone"。

ボーイフレンドの実家をクリスマスで過ごすことになった主人公は、
彼の家族になじめず、それどころか、いじわるされて。。

みたいなありがちなテーマを、ハートフルに描いてて、◎

サラ・ジェシカをはじめ、キャストも魅力。

ダイアン・キートン、かっこいいです。年取ったらこういう雰囲気の女性になりたいなあ。

知的でいて、さばさばしていて、明るくて、独特のファッションがきまってて。

監督は、脚本家と同一人物で、
いままでずっとインデペンデント作品を撮っていたらしい。

彼の、役者さんとのコミュニケーションの取り方や、人好きというか、
人類への愛(?)みたいな

暖かさがメイキングからも伝わる。

みんな笑顔で、本物の家族みたい。

家族って、同時にかっこつけなくて、ときに辛らつなことも言い合い、
ぶつかり、でも愛してる

みたいなのがよくででる映画です。 この値段なら買って損はなし。

ちなみにおうちの中とかも、すこし乱雑な感じだけど、やはり暖かみがあって
素敵でした。
[PR]
by megtig | 2007-03-19 00:29 | cinema

写真展搬入と飲み会。

昨日は、明日から始まる写真展『35番地』の搬入とその飲み会へ。

一人を除いて残りの8人とは初顔合わせ。
皆、いい人たちだけど、個性が強い。

以前の飲み会でも、話してた内容がシュールで日記のネタになりそうだったけど、
また今回も。。

Uさんという女の子は、警察官と結婚して、だんなさんが殉職するという
ゆがんだ夢を持っているし(昔ハードボイルドな小説を読みすぎたらしい。
「かっこいい男は皆若くして死なないと!」と力説していた。

一方、S君というB型くんは超マイペースで、天然ボケっぽいのだけど、
それに気づいていない仰天エピソードなどが沢山あった。
(けども、一部、自分のボケた失敗と重なるところもあったので、あまり人のことはいえず。)

職場に2ヶ月に1度くらい、変わった人が来るそうで、

落語家がふらりと来て一席話していったり、「ミッキー・カーティスです。」と
名乗るおじさんから電話がかかってくるそうだ。。。

しかしなんといっても、年齢、職業、趣味等を超えて、写真のことで語り合える
のが一番楽しい!

飲みに行ったお店も、稲荷コロッケ(お稲荷さんの中身がポテトコロッケで
揚げてある)などがあり、美味しかったし、店員さんも感じよかった。

写真展が明日からはじまるのが楽しみ。。

みなさん、ぜひお誘いあわせの上、いらしてくださいな。
[PR]
by megtig | 2007-03-18 22:27 | photos

大好き大好き大好き。

だいすきなもの。
c0089939_23335186.jpg

お気に入りの香水。
L'eau de toilet que j'aime beucoup.

c0089939_23283832.jpg

ゆぅちんさんちの親子。模様が見事!
Maman et son chatton chez une copine. Quels beaux!


c0089939_23302878.jpg

愛しのわが子、ティガー。
Ma cherie, Tiger.
[PR]
by megtig | 2007-03-15 23:37 | my life

コーヒーを飲みすぎた!

眠れないかも。
さっき家につきました。
仕事→公文→ぶらぶらお散歩→夕食@22:00と全体的に遅い。
さみゅーい。寒いです。冬に逆戻り、の感。

今日は、Tully'sでエスプレッソ少なめのカフェラテ(やっぱりTully'sって美味しい。好み。)
宿題をやりました。

その後、スタバへ。なぜかというと、ラビットベアリスタが欲しかったので。
イースターバニーとして、季節の風物を語るためにも
ほしかったんだけど、売り切れ。

無いとなると、ほしくなるのが人間。。
この子達がまた、ふかふかで、着ぐるみのツギや模様がまたいい感じなの。

しかし、、ぬいぐるみって、疲れるとほしくなるんだよねー。

そして買っておき場所に困り、後悔ってパターン。

だから、売り切れでよかったんだ(といいきかせよう)。

スターバックスで店員さんに、爽やかに話しかけられ、
お試しのコーヒーをいただき、
断れなくなったので、

豆を轢いて貰い、購入。

フェアトレードの豆♪

帰りに下北沢のカルディへ。 いつものように、コーヒーのサービスを
していて、、、
ここで、もうコーヒーもらうと、もう夜ねむれなくなるだろうと思ったんだけど、

寒さに負け、飲んでしまう。。

甘くて暖かい。でも、相当カフェインが、身体にきてます。

で、カルディファームのわたしの目当てといえば、

これまたフェアトレードのチョコレート。

フェアトレードって、貧富の差をなくすだけかと思ったら、

有機栽培で、余計なものが入ってない(チョコなら乳化剤なし)の

品質的にも、グルメ的にもトップレベルだとわかってきたの!

これを知ったら、普通のコンビニのチョコがもう買えない。

というわけで、まとめ買いしたよ。
[PR]
by megtig | 2007-03-13 23:03 | my life

『すべては一杯のコーヒーから』

タリーズ(スペシャルティコーヒーショップ)を創った松田公太さんの著作。

一言で、いうなれば、この人は熱い! 情熱の人だ。

わたしはこういう人が大好きである。

タリーズのことは前からコーヒーも食べ物も味が美味しいし
店員さんも感じがいいので、大好きだったので、

そんなお店を作った人はどんな人なんだろう?と思って読んだ本に
数日間夢中になり、涙し、一緒にドキドキした。

特に印象に残ったのは、

彼の幼少期のセネガルでの生活や、アメリカでの青春もそうだけど、

夢をかなえようと奔走する姿。

そして、家族の愛。

お母さんが具合が悪くなってからも、立ち上げたばかりのタリーズに
寝袋で寝泊りする息子のためにおにぎりをにぎってもっていったことや、
弟さんのエピソード。

そして、この言葉。

"宇宙の誕生や、地球上に生命が生まれたときに遡って考えてみてほしい。
人は誰しも天文学的な確率でこの世に生を受けているのだ。
わたしたちは生まれたときから特別な存在であり、一人一人に必ず
「天意」が授けられている。

それに気づかずに生きるのは、自分の一生の半分も全うしてないのと同じでは
ないか。”

松田さんは、特定の神様を信じてはいないみたいだけど、
立派なfaithを持っていて、

実際にそのように、受けた生を無駄にしていない彼の生きかたは、
かっこいい。

その一方、自分ほど恵まれた人間はいない、
出会った人の一人でも欠けていたら、いまのタリーズはないと

常に感謝している。

素晴らしいーー。

書きたいことが止まらない感じになるので、この辺で。

さいきんわたしは、和民の社長、渡邉美樹さんにも注目している。

この人も素晴らしいーー。

こういった経営者の共通点は、人柄がほんとに魅力的で、

情熱、いいものを創って、日本をよくしたい、お客様に喜ばれたい、
そしてお客様や従業員に感謝し、謙虚だけど、
夢は大きくもち、その上、努力をおしまずかなえていくこと。

しかし、

同時に偶然ワタミもタリーズも外食産業。

けっして簡単なビジネスではないだろうと思う。

その理由は、素人のわたしでもわかるけど、新鮮な食材は

保存のキープが大変だったり、成功してチェーン店が増えるほど、

質を保ち高めていくことがむずかしいなどのことがあると思う。

事実、タリーズはつい最近伊藤園の傘下に入った。
タリーズ以外のアジア茶のほうの店舗が振るわかなったせいで、
株を売ったのだとか。お茶というのは、日本茶など、家でタダで飲める
イメージもあり、トッピングなどがあるのも、やや抵抗があるので、
海外のほうがウケる気がする。。。

Anyway.
今後のタリーズ、そして松田さんの生きかたにも注目したい!

(なんて偉そうですが。。タリーズ、最初はTully'sって書くから、
チュリーズかと思っていたわたしでした。。いまでは大手町近辺の
タリーズについてはかなり詳しくなりました。
これからもファンでいると思う。)
[PR]
by megtig | 2007-03-11 20:50 | 美味しいもの