<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最近、もっとも心動かされた事。

もう先々週のことになるが、日曜日の教会で洗礼をみた。

中国の女性と、もう一人は日本人の3、40代の男性だった。

一般的に、世の中で何十年ももまれてきて、大の大人が洗礼を受けるというのは
むずかしい。女性はスピリチュアルなものを受け入れる感性があって生きている人が
多いが、男性はそうではない。

クリスチャニティーが社会全体に根付いた国とは違い、特に日本の教会では
女性のクリスチャンが圧倒的に多いとされる。

話はこれだけではない。

更に心を動かされたのは、実はもう一つの出来事があったからであった。

それは、彼の息子さん(二人目)は、2年前に3歳で亡くなっている。
突然死だった。
朝起きたら、ベッドで眠ったままだったそうである。

わたしは、個人的にその子(かずねくん)を知っていたわけではないけど、
衝撃を受けた。ご両親や家族のショックは比べ物にならなかったと思う。
それに、その悲しみは、2年経ってもなくなったり、乗り越えられるものではないと思う。

でも、お葬式のとき、既にご夫婦は、悲しみの中にも慰めと平安を見出していたのが
印象的だった。 彼らにとって、かずねくんは、天使だったと。

3歳で、小さな体で、お母さんが礼拝に来るとき、遠くから通うのに
疲れてしまったときも、かずねくんが水筒を準備して、お母さんを励ましたりしていたという。
そして、2つも聖句を暗記していて、教会が大好きで、やさしい子だったという。

お母さんはクリスチャンなので、かずねくんが天使で、天国に帰ったことを
信じているのはわかったけど、信仰の無かったお父さんがそう思える心を
神様が与えているのは、すごいと思った。

そして、命日の2年後のその日、お父さんであるその男性が洗礼を受けた。

彼の中に、もう息子さんがそばにいないさみしさはあっても、
天国でいつか会える希望があって、それは洗礼とともに確信に変わっていて、それは、
ほんとうに感動的だった。

かずねくんのお名前は、一に音と書くのだそうで、音楽の好きなご両親が付けた
そうだ。 でも、とお父さんは2年前のお別れ会で既に話してくれたのだけど、
彼の名前はもしかして、
福音を一番に知らせる(tell the Gospel)という意味の名前なのかもしれないと。 

実際、ほんの3歳の子の死は、ふつうに考えるとあまりに悲劇的で悲しいことだった。

でも、かずねくんのご両親は、葬儀屋さんが「小さな子の死は、あまりに悲しいので
できるだけ簡素化しましょう。」といわれたのを、
「いいえ、この子が精一杯生きたことを喜び感謝するために、
盛大にお別れをしたいのです。」と言って、お花がたくさんのお別れ会をした。

キリスト教のお葬式でいいのは、天国へ行った希望のある明るいものだということ。
もちろん、皆泣くし、悲しくもあるけど、ただの悲劇ではなく、
その人が天国で神様や、以前亡くなった近い人に再会している
喜びを感じることができる。

小さなかずねくんのもたらした、3歳の人生。

それは大人のわたしたちに、喜びを持って生きる人生を考えさせ、
励ますものだった。 そして、自分のお父さんを神様との関係に導いた尊い
人生だった。

かずねくんのお父さんの洗礼は、そういうわけでとても感慨深いものだった。
[PR]
by megtig | 2007-05-30 15:38 | my life

Happy Wedding!

今日は、結婚式の写真を撮りに教会へ。

今日撮らせてもらったのは
主にお花の写真で、でも式の人も三脚でプロみたいに撮らせてもらえて、
うれしかったー。勉強になった。

そして、その新郎新婦は、顔なじみの二人なので、
(友達とまではいかないけど、二人が大学生のときから教会でみてる)
感動した。

神様をみてて純粋な関係で結ばれるカップルの誓いの言葉や、
キスは初々しく、あの場にいられただけで幸せだった。
しあわせを分けてもらったーと思った。

そして、お花をやっていた芳枝さんとコラボ企画をして、お花のpost card
を作ることになっているので、いろいろcafeで話して、ほんとにわくわくした。

c0089939_23102288.jpg

こどもって、どうして可愛いんだろう?

c0089939_23134358.jpg

しゃくやくのブーケ、とっても素敵でした。

c0089939_23144874.jpg


c0089939_23152373.jpg


c0089939_23155271.jpg


c0089939_23161840.jpg

[PR]
by megtig | 2007-05-26 23:13 | my life

ホワイトセージですっきり。

無理になにかを書かなくてもいいのだけど、
時々、わたしの友達がこれを読んでいて、近況などを知ってくれるので、
しばらく空いてしまった日記を書こう。

書いていないと、なにを書いていいやら。

あまりにたくさんのことが起きていて、なにも書けない。

今は、産む前の苦しみ、いや、つわりくらいか。
(あくまでたとえね。あ、みんな分かってるよね。)

物を作り出すのって、喜びだけど、苦しみでもある。

c0089939_22104081.jpg

わたしなんて、趣味程度なのに、こんなにもパワーが要るので、

これがほんとに仕事(それで生活してるプロ)だったら

どうなんだろう?憧れでもあるけど、こわい気もする。

とはいえ、今の仕事があるから、思う存分 物作りができない
というのもあるだろうし。

アフター5が忙しいわりに、日中の仕事が暇なので、
今の仕事に対して、疑問がわいてしまう。

忙しいほうが、あっという間で充実しているのに、
今は人の手伝いをすることが多くて、役に立てるのはうれしいけど、
なんかこう、余裕がありすぎて、手加減している自分がいる。

集中してやらなければいけないくらいのきつい締め切りのほうがすきだったり。

というか、元来なまけもののわたしは、リミットがあったほうがいいみたい。

人生も、寿命があるからこそ、つまらないことに無駄できないというか、
一生懸命に、すきなことにまっすぐになれるようにね。

貪欲なのかもしれないな、わたしは。

ほんとは今日、家で作業(写真のプリント)するはずが、買ったばかりのインク
がもうなくて、作業できない。

でも、家がすき。自分の部屋ですきなものに囲まれているといやされる。

こういう時間がずっとなかったなあ。。

自分の好きなものって、ほんとにいいよ。ああ、自分好き。

よくも悪くも。 

うちの猫と一緒にネコ語でしゃべる。時々テレパシーみたいに。

何かを好きなことの情熱が、いろんなことをしたいパワーになって、
人生、豊かにしたいことをしたいと思う。

でも、神様にそれを祈り求めるのが、わがままなのか、なんなのか
わからないときがある。

ただ、神様はお父さん、わたしは子供なので、
素直にほしいことをおねがいする。

そして、かなったら感謝し、かなわないことは、ずっとあとで、かもしれない。

もし手に入らなくても、それは自分にとってほんとはどうでもいいことなのかも。

必要なものをくれるのが神様だし、彼が一番よく知っているから。

だけど、一番happyなのは、自分のことよりも、誰かについてとか地球について
ベストを祈るときかな。

そうすると、逆にこっちが癒されたりする。不思議とそうできているんだよね。

カードを置かせてもらっているお店では最近、クリスタルクラスター(水晶のかたまり)
とかを売っていて、今日も5分くらいのつもり、があのお店にいると
お姉さんと気づくと1時間以上、話してた。

彼女はスピリチュアルな感性のある人で、わたしのもつクリスチャニティーの
信仰とは違うんだけど、上に書いたようなことを話してて、いっていることは
一緒というか。

ホワイトセージの煙を炊いて身体につけてもらったら、すっきりした。
古来、ネイティブアメリカンの人たちが使っていたらしく、
いい香り。これも一種のハーブというのか。わたしは香りがすきで、
水晶のせいもあったと思うけど、すごく身体がすっきりした。

それで、家に帰ったら、作品作ろう!と思っていたのに、
インクがなかったというわけ。、

でも、今はお部屋でチャージが必要みたい。
ここのところ、外出つづきだったしね。

もらったホワイトセージをさっそく炊いてみた。
煙が出てくるので、お部屋が浄化されるみたい。
これから床でも磨いたら、さらに気分よくなりそう。

こだわっていろいろしてみる。
そして、気づく。
必要なのは、シンプルなことだったりする。
[PR]
by megtig | 2007-05-23 21:56 | my life

フランス語。。

行ってきたんだけど、
簡単すぎるかも。。
そりゃみんな留学してなくて
日本でがんばって勉強してすごいと思うし、
生徒の人も先生もみんな素敵でいいひとだったけど、
お金を払ってやるとなると、、。
うーん。
どうなんだろうね? 
レベルが上がっても、日本人同士って
あんまりディスカッションに慣れてないので、
複数人で、そんなに密度の濃い会話になるとも思えないしね。

たまたま今日が会話中心で、文法とか文章じゃなかった
っていうのもあるし、会話の学校だからなあ。

続けるか悩む(はじめたばかりなのに!)

文法中心の学校にいくべきか?

ほんとは、学校側にそれをfeed backしなきゃ
いけなかったんだよね、今日初日。

なのに、同じクラスの人とおしゃべりして
気づいたら帰ってた。
反省。

あー
[PR]
by megtig | 2007-05-14 23:08 | 思ったこと

US NAVYでのパーティー

土曜日、割と急に行くことになった横須賀の
アメリカ海軍主催のパーティー。ドキドキでした!
まず、転送されてきたメールに "ball"との記載が。
ドイツ語でバルだと、あの、舞踏会だよね?!と
携帯の英和辞書をみると、「舞踏会(おおがかりな)」と
あった。服装もセミ・フォーマルだし!

基地へ行くのも、子供の頃家族と行った思い出(開放日とかだったと思う)しかないので、緊張。
でも、めったにない経験!ということで行ってきました。
(Elenaちゃん、お誘いありがとう!)。

入り口から、pass portチェックをされること数回、
申請書を出すと、名前入りのプリントされたone day pass
をもらう。 うーん、厳重。でもこれくらいしないとね。
基地だし。基地っていう響きが、わたしにとっては非日常で、
baseというと普通なのに(?)基地って、秘密基地みたい。。

で、ball はどうだったかというと、皆、navyの人
は白い制服で決めてたり(白がまぶしかった!)、
ドレスの人もいたけど
nurseの集まりの暖かい感じで、蓋を開けてみると
楽しかったー。

わたしのお相手の男の子は、純ジャパニーズなので、
腕を組んで入場とか、互いに恥ずかしかったー。
無理無理。やりましたが。
で、写真撮ると、明らかに肩を組んだ手が遠慮してた(笑)。
日本人はこういうの、向いてないよね。
慣れだと思うけど。。

そしてなんと、抽選会で、デジカメをget!!
ちょうど小さいカメラがほしいと思ってたので
嬉しいです。
(家族には、BINGOでもなんでも必ずあたるので、
ほんとくじ運いいよね、といわれたけど、
妹には、「お姉ちゃん、そこで運使い果たしてない?」
といわれたー。たしかに、舞踏会なら、プリンスに
会いたいものだ。。)

・・なーんて、充分楽しい夜を過ごせたので、感謝。

nurseを今年で辞める方のスピーチで、navy nurseの活躍や
歴史、思い出などを聞いていたらじーんと感動。

仕える、助ける、励ますmissionを誇りに思って
働いているんだなあって。

正直、軍隊とかアメリカ軍とかって、
自分にとっては遠い存在、それもイラクとか
あまりいい印象はなかったんだけど、
navyの友達がいることで、そしてこのballに出ることで
親しみを感じたし、知ることができてよかったと思う。

nurseたちの典型的な一日というスキャット(寸劇)も
cuteだったし(実際にいる人をパロディー化してるので
身内のジョークだったけど)
アメリカの軍人さんや基地で働く人に混じって
そういう場にいられるって特別だなあと思った。

アメリカの文化のよいところは、自分たちの仕事に
誇りを持てるように表現しあったり、
ほめ合ったり、friendlyなところかなあ。

これはとくに、navyでnurseっていうのも
あるんだろうけど。チームワークってすばらしい。

普通に神様のこととか、感謝してるのも
うれしかった。
なんども感動したり、笑ったり、
そして部外者なのに、賞品を当ててしまったり
して(よくよく考えたらいいのだろうか?)、
danceには時間が無かったけど(横須賀は少し遠い)
ほんとうに満喫。

そこで働く友達のことを知れたし、一緒に行った
友達とも往復の電車でもいろいろ話せて、
よかった。貴重な経験だった!
[PR]
by megtig | 2007-05-14 12:47 | my life

l'ecole du francais au Japon。。。

Eh, oui, j'ai finalement decidé d'aller à une ecole du français au Japon...
Après revenue de la France, je ne suis jamais allée à une écple comme ca.
Parce qu'il me sebmlait un peu null après mes études en France.
J'etais même aussi à la fac. de la langue française à mon uni. (au Japon.)
Même je ne le dis pas aux autres, mais dans mon coeur,
ma fierté ne me permetait pas joindre cette sorte de cours...

Mais, avoir d'occasion d'utiliser mon français au travail plus en plus
(enfaite pas beaucoup en ce moment), je sens qu'il faut re-apprendre mon français, maitenant!

J'ai visité une ecole. Il y avait un interview pour verifier mon niveau.
Même en cet entretien, j'ai appris quelques choses.
L'enseigneur (?) me corrige tout de suite. C'est pratique!

Mais ça l'air bizzare un peu dans le cadre, comme les etudiants, tous sont
les japonais. Et les enseigneurs sont des 'étrangers' (il y a des
français et des belges.)

ma prononciation, ma façon de communication, la grammer apparemmeent pas de problème... Mais j'ai oublié des choses, comme subjonctif.
Je sais "Il faut que j'aille." ou bien " Il faut que je fasse".
Mais, aves des autres verbes, j'en ai oublié complaitement...
Je sais que je ne suis pas bien à la grammaire.

Apprendre la grammaire encore une fois,
c'est un peu honteux pour moi (imaginé combien d'heures et d'argent
j'ai consacré pour la langue.).

Mais c'est seulement mon 'pride', quoi.
Je dois accepter mon niveau de maitenant!

L'enseigneur (eh, j'oublie son nom) a compris mon sentiment.
Il m'a dit: Recule un 't peu.

Oui, j'en suis d'accord.

Donc, maintenant. j'attends mon cours, inpatiennement!
Je vais ecrire mon journal sur ce sujet, biensûr, en français.
[PR]
by megtig | 2007-05-11 13:15 | en français

ふらんす語と無意味なプライド

とうとう、再開。
今まで、語学学校だけは避けていたのだよねー。
留学してたり、専攻だったプライド。。。

でも、仕事で使う機会もここのところ増えてきたりするので
(依然そんなに多くないけど)
ちょっとここらできちんとbrush upせねば!
と思ったのであった。

学校へ見学へ行き、レベルチェックを受けると、
間違えると先生がすぐ言いなおしてくれるわけで、
勉強になる。

しかし、この10年、日本でそういう場に行ったことがないので、
生徒はみんな日本人
講師は外国人(フランス人もいればベルギー人もいる)
(NOXXみたいね)という構図が不思議ー。

ここから先はマニアックな内容になるけど
文法のうち、半過去位はふつうに出てくるけど
接続法とかになると、 il faut que j'aille とか
il faut que je fasseくらいしか覚えてない(汗)。

しかし、文法をやりなおすって結構屈辱的。。
(大学と留学でいくら時間とお金をかけてるんだと思うと。。)
でも、
それはプライドなんだよねー。

今の自分のレベルを直視せねば。。

先生も、わたしの気持ちをわかって、
ちょっと戻って復習してみよう、と言ってくれた。

受付のおねえさんも、接続法とかは、普段あまり使わないけど
文学とかではよく出てくるので、、と言っていた。

その通りだよね。

そういえば、今年の初めに書いていたふらんす語日記が
いつのまにか終わってる。。

また書かないと!

なんだかんだいって、10年ぶりのフラ語は楽しみ★

めざすは、ほめられないフランス語よー!
(ほめられるって言うのは外国人として
話せるってレベルを超えてないから。
ネイティブに混じって違和感ないのを目指すという意味デス。)
[PR]
by megtig | 2007-05-11 12:38 | my life

『ボンボン』 Bombonと新丸ビル

c0089939_22432384.jpg木曜日5月3日は、妹と遊んだ。
妹が見たいとずっと言っていたパタゴニアの映画
南アメリカ版わらしべ長者の『ボンボン』を観に。

単館映画ぽく、店員さんも親切なんだけど
ゆるい接客、ゆるいアナウンスが心地よい(笑)。

ストーリーも、他のお客さんが
「あ、終わっちゃった。。」というくらいオチがなく、
ゆるーい、でもしあわせ感のあるものでした。

なにせ、主人公は50代のさえないおじさん。
失業してからというもの、手作りのナイフを売っているけど
売れないし、娘夫婦のところに居候してて肩身狭いし、、

でも、彼はいい人の笑顔をしている。
人生、損得で考えてない。

そんなところに、犬のボンボンがやってきて。。

というスローな音楽、ラテンのいいかげんな時間の
流れ、に身を任せて楽しんだ。

そのあと、新丸ビルへ。

込んでいたけど、じっくり新しくオープンした
ビルをみることができて満足。

丸ビルに似ているところもあるけど、全体的にもっと
シック。素敵なホテルのラウンジのような
感じでした。

ぶらぶらするだけでも楽しいかも。

皇居の緑がセントラルパークみたいだし、
東京駅もみえて、7階の空中庭園はおすすめ♪

その後 妹と、My plazaで香水を嗅ぎにいって、
Dean & Delucaでお茶。

妹は丸の内界隈はあまり知らないので
姉として案内して、一緒にお散歩を楽しめたので
よかった。
[PR]
by megtig | 2007-05-05 22:43 | cinema

グレゴリー・コルベール

昨日は、お台場にグレゴリー・コルベール
の写真展を観に行った。
作られてるものと自然の融合?
うまくいえない。美しいのは、やはり表情だ。
それは作れるものじゃないから。
特に印象に残ったのは象の目、
少年(僧侶?)が二人、眠りながらボートに乗っているところ
かな。 移動式展示場も興味深い。
電車のコンテナーがすきなので。

その後、お台場をぶらぶら。
お台場って、晴れていて気持ちいいけど、
あまりみるところがない気がする。
ヴィーナスフォートもおこちゃま化してた。
家族連れが多くて、それはほほえましい光景だけど、
大人が休める場所ではなかった。
連休っていうのもあるんだろうけどね。
写真展に小さな子を連れているお母さんとかがいて、
子供が泣くと大変そうだった。賛否両論ありそうだけど。
自分がその身になってみないとわからないというか。
子供がいる人が、外に出て気分転換になる場所が
必要。 そういう場が少なすぎる気がするし、
一方で、どこに行っても、子供だらけのような気もする。
子供はだいすきなんだけど、子供がたいくつしちゃうような
もしくは、もっと小さい赤ちゃん向けの施設(おむつ換えとか)がないままに、その子たちがつまらなそーにしたり、
わめいたりしているのをみると、嫌な気分になる。
個人的には、もっとベビーシッター制度が充実してほしい。
日本でなじまないのはなぜなんだろう?
何度も日記に書いているけど、
罪悪感?家に人を呼べない?
両親がリフレッシュして外で遊べたほうが、
そのカップルや家族にとってもhappyだと思うんだけどね。
シングルのわたしが言うと、なまいきにきこえちゃうかもしれないけど。 わたしはもっと自分の友達に遠慮なく
ベビーシッターを頼んでほしいし(突然は困るけど
前もってならウェルカム)、自分も子供ができたらみてほしいし、助け合って行きたいんだけどね。
Hummm..やはり、シングルなので、なんともいえないところは
あるかなあ。。
[PR]
by megtig | 2007-05-01 23:20 | photos

駒沢公園と英語night!

日曜日は、晴天なり。
友達がレンタカーを借りて湘南から来てくれて、
皆で駒沢公園へ。

お昼も作ってきてくれて、うれしかったー!
玄米の手巻き寿司で、うなぎとかクリームチーズ
が具なの。美味でした♡

彼女はお料理上手で、ナムルとか、
松の実と小豆入りのヘルシー蒸しケーキも
作ってきてくれた!

churchのあとで、じっくりいろんなことも話せたし、
女の子5人で特別な時間でした。

夜は、わたしが企画した『英語でしゃべらナイト』の
第1回目開催!

K家に集まったは9名。
英語ぺらぺらの帰国子女や先生を仕事とする人、
日本語ペラペラのネイティブの友達など。

わたし、勝手に皆シャイになっちゃうかな、とか
気づいたら日本語になるかしら?と思っていたら、

皆英語と日本語をすごくいいバランスで話していた!

おお感動!

Elenaちゃんは学ぼうという姿勢がすごくあって、
メモしていたのでわたしも真似した。

すごく勉強になったわ。

日ごろ、職場で海外からのお客様がいらしたときの
素朴な疑問などもきけたりと。

好評なので、第2回も開催していきたいと思います!

また、英語っていうものを通じて、普段話さない
人たちが仲良くなるっていうのもいいよね。

自分から企画してみるものだなあと思いました!
[PR]
by megtig | 2007-05-01 23:19 | my life