<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MUJI CAFEにて

久しぶりに有楽町の無印にきた。
ここには品揃えも豊富な上、MUJICAFEもある。
Cafeずいぶん昔に来たような。

新発売のグレーのルームシューズを買う。
今週末の小旅行用にもコンパクト♪
9月にリニューアルとかでなにげにセールも。
鍋掴みが可愛い。北欧のみたいに大きくてしっかりしてて、紺と緑のタータンチェックで。
(→けっきょく買った。600円が更に10%offで!)

いま(この日記を携帯で書いたのは昨日の夕方)はかふぇ。
わたしはスープ大好きなので、スープがあるカフェというかは幸せ。塩味の飲み物が好きなんだよね。
冷製スープだいすき。
この間のゆぅちんさんお手製のガスパッチョ
美味しかったー。夏野菜のみで作られたスープ♪

あとは、野菜ジュースやトマトジュースとかね。
わたしはシットリ派なので、パンにはスープがほしい。
コーンフレークも、おにぎりもシットリがいい。なじんでるのがすき。

この間おじいちゃんの3回忌では、従兄弟と思わぬところで食べ物の嫌いな傾向が合ってて、血のつながりを感じた。メロンと納豆がきらいってだけだけど。皆どことなく似てるのだ。

従兄弟のうち、けっこう皆結婚してない人が多くて、なんかさみしいなあと思ってたら、従姉妹の一人がもうじき出産ときき、本当におめでたいことだと思った。最近、カップル成立や結婚もあまり動きがないなと思っていたら、またぽつぽつと動きが。わたしもその流れに乗りたい!だけど、Only God knows!

最近、Elizabeth Elliotの著書Passion and Purityを読んでいる。
名著。日本語があればいいのに!
昨日読んだところではまさに、こんな文章だった。 God, when can I get married? Will you give me someone in my life?
His answer is: Never mind, my child. Trust in me.

Elizabeth Elliotの昔の日記と、優雅な旧書体の聖句がすばらしい。
神様に安心して信頼する=人生そのものを人間関係も信頼関係におくということ。

それにしても、まだ生まれていない子供でも既にその存在が影響があるってすごい。希望。一人でも多くの赤ちゃんが祝福されて産まれてきますように。生きてると大変なこともあると
思うけど、笑顔の多い人生になりますように
(って誰に話してるんだ?わたし)

毎週銀座に来てると、もうあきたと思うけど、やっぱり楽しい。人を観察してるだけで面白いし、ディスプレーなど、センスアップの無料レッスンを受けてる気になる。

とはいえ、一週間お盆やすみだった(フランス語と公文が)ので、すっかり怠けぐせがぬけない。

暑いから、と言い訳ばかり。涼しくなったら本腰入れて勉強しようかなあ…。
[PR]
by megtig | 2007-08-22 12:37 | my life

映画

うぅっ、暑い。連日酷暑って言葉がぴったり。太陽に溶かされそうで、
夜も亜熱帯にいるみたい。夏バテ気味です。。。

DVDで『君に読む物語』を観た。前から観たかった作品。
感想は、というと、期待が大きすぎたのか、悪くはないけど、イメージと違う面もあった気が。

365通の手紙、ふたりが出会えたことは祈り続けた結果、
みたいなキャッチフレーズと前評判から、かなりの純愛を期待していたのだったが、

純愛といえば、まあ、本当に愛し合う二人なわけだから、そうなんだけど、うーん、

わたしが望んでいるのは、韓流みたいな、触れたいけど触れられないみたいなもので。。。

だけど、君が好きで、条件なしで、みたいなね。

『君に読む~』主演のレイチェル・アダムスは可愛いけど、
どっちかというと清純なイメージと演技じゃないしねー。
年取った二人も、なんか似てないし。。

と辛口になってしまったけど、あくまで今のわたしの主観で。

夕日に映える湖、白鳥、廃墟、みたいな全部ロマンティックなシチュエーション
なんだけど、だからこそ、もっとおくゆかしくてもいいなー。

直接映画に関係ないかもしれないけど、ワインと同じで、景色が美しいだけではだめで、
その場に誰といて、何を会話し、何を思うか、が決め手になるなあと
なんとなく思う。シチュエーションより、誰といるかでロマンティックになるんだなあ。。。

今観たいのは、『私たちの幸せな時間』
韓国映画だからって純愛ものとは限らないけど、かなり気になる。
[PR]
by megtig | 2007-08-20 12:51 | cinema

up忘れてた以前の日記(蒼い)

すっきり碧い粒子がまざる空気。
レモングラスとシトロネラ、アウトドア用の、を手首に試しにつけて。
すたーばっくすにてレモングリーンスクイーズ(甘さ半分)。両方の匂いは似てる。
まざってただよう。
端の席でThe REMINDERというアルバムを聴いている。FEISTという人の。ロンドン、しゃがれ声でアナログ録音みたいで、顔はとある先輩に似てる。
昨日であったRe:s(リス)の特集よかった。皆がフィルム写真のよさを本気でほめたたえていて。物々交換の特集もよかった。結局二冊買ってしまった。おすすめ。長い間、へそまがりのわたしが忘れていたKu:nelにも惹かれて買う。シンプルな広告。特集の文字「庭へようこそ」の他「よろしく」だったか「読んでね」だったか。一言のみが心を掴む。庭、ほしい。
一度会ったことがない母方の祖父は、山の植物学者だったらしい。そういえば。DNA?印象に残ったのは、ズクがないという言葉。長野の。母方の祖母が使っていた。根性やまめさがないという意味の方言。そして生意気だと評されていた男性のアンティークのバイヤーさんが、昔すきだった自分の原点は、赤毛のアンや大草原の小さな家で、自分を「要するに素朴系」といってたこと。いま気付いたけど、これを携帯から送っても、わたしのPCはこわれててみれないかもしれないのだった。
いまの気分的なアナログはしっくり来るけど。そんなに拗ねないで、myPC...
[PR]
by megtig | 2007-08-13 12:34 | 思ったこと

夏やすみ最終日。

どうもPCが壊れたようで、父のパソコンから。

写真のupもできないよーー。

親戚一同の住む生まれ故郷の山梨に戻ってきた。
久しぶりに旧友と会う。

ほんとに、10年以上ぶりだったり、7年ぶりだったり。。
久しぶりに再会はうれしかった!

あと、田舎は住んでいると不便だったり閉塞感もあるけど、
久しぶりに戻ると、自然(特に山)に囲まれていると
ほっとする。

生まれ育ったところだからだろうか、
風が吹くと空気がやさしいと感じる。

今日は、これから宿題(公文)やったり、掃除
したり、コンタクトのレンズが調子悪いので眼科へ行ったり。。

休みでもいろいろすることがあるなあと思う。

ちなみに今は家族からのリクエストのカレーを
作っている最中。

昨日は、あぶぅさん宅でbaby sitterとは名ばかりの
あーたんと遊んで癒されて、映画もみれたので
リフレッシュだったけど、木金と体調不良だったりも
したので、休みってあっという間。

毎年、夏休みの短さに、きつねにつままれてだまされたような
気がしてしまう。社会人になって10年近いのに。
反対に、1ヶ月の夏休みをもらえるなら、
そんな環境にはすぐ慣れてしまうだろうなあ。
したいこともあるし、だらだらともしたいし。

でも、明日からまた仕事。クーラーの効いた部屋で
働けることも感謝だ。部屋にもクーラーはあるけど、
自分ひとりのためと思うと、温暖化で氷がなくて
泳ぎ疲れて死んでしまうシロクマに対して申し訳ないので。

昨日は、『ブラインドサイト』というチベットの
子供たちが盲目なのにエベレストに登ろうとする
映画(ドキュメンタリー)を観た。

最後の歌がよかった。 山に登るというひとつにしても
いろんな考えが大人たちにはあって、
責任や愛や名声や。。

子供たちは、もっと単純で、でも多くを感じている。
特に、目がみえないので心の目でみているということ。。

いろいろ考えさせられる。山に登りたくなった。

本当はいろいろ書きたいこともあるけど、
この辺で。
[PR]
by megtig | 2007-08-07 13:11 | my life