タグ:ドイツ語 ( 4 ) タグの人気記事

Ninjya! ドイツ語de Party!

偶然、3日間連続でドイツ語で話す機会があった♪
最初は、ちょっと不安だったんだけど
(特に自分の語学力。。)
蓋を開けてみると、とても楽しい時間だった。

木曜日-4年位まえからドイツ語の会話を習っていた
E先生のAbschiedparty(お別れ会)。
先生はウィーン出身で、だんなさまがスイス人で
お仕事を60歳で(にみえないくらい若いけど)
退職されるので、ヨーロッパへ戻ってしまう。

夫婦そろって(お子さんも)大の日本好きなので、
日本に10年居たけど、もっと住んでいたかった!
と口を揃えて言われていたのが印象的。

春からはスイスの大学で日本のことを教えるとか。

日本に愛情を持つ先生のだんなさまが
どんな風にチューリッヒの学生に日本の地理や経済を
教えるのか楽しみ

先生にカードを書いていたら、これまでの楽しい
思い出
をたくさん思い出した!
写真展に来て頂いたり、ドイツ語やウィーンの
言葉や、いろんな文化を学んだこと、
先生のウィーンのご実家へ行ったり、街を案内して
もらったこと...etc。

いつだって、名残は惜しいけど、
パーティーはいい時間だった。

金曜日-2回目のスタムティッシュへ行ってきた。
でも、ちょっと気後れしてしまって、
新たに話してない人に話しかけられないわたし。。

知っている人なら別だけど、見知らぬ人に話しかける
のって、苦手だなあ。皆そうかもしれないけど(?)。

結局、いいのか悪いのか、前回友達になった人とだけ
話した。あと、おじいちゃんのドイツ人で
すごいお金持ちの人(笑。だってそうなんだもん)
と話した。彼は、人徳というか、聞き取りやすい
言葉で話してくれるし、礼儀正しいので
(若者のドイツ人がそうでない、というわけじゃないけど)
話しやすい人だった。

一緒にいったRさんは気に入られていたみたい。
やはりドイツ語も出来て、社会的な
情勢などの知識も豊富だとカッコイイよね!

ちなみにわたしは、、多分年齢よりも幼くみられて
いたんだと思う。。扱いがコドモでした。
その方が紳士的な感じなので、
悪い印象はなかったけど、

30過ぎてコドモっぽくみえてしまうのって、
いいのだろうか?と一瞬悩む。

まぁ、若く見えるのはいいとして、
語学力の問題が大きいんだろうね。

もっと語彙を増やして、まともにしゃべれるように
ならなくては。

土曜日-そのスタムティッシュで前回知り合った
Mちゃんと彼のAくんが、「数人で食事に行かない?」
とお誘いしてくれた。

4人くらいのはずが、、、なんと16人くらいも来た!

場所は赤坂にある「Ninjya」というcoolなレストラン。

忍者がいて、お出迎えしてくれるのだ!

いちいち話すごとに「拙者」とかいうので

ウケる。 そして、忍者屋敷にはいろんな怪しげな

装置があったりして、食事も創作料理で

すっごく楽しかった。

来た人も、Aが若いので、若者ばかりで軽いノリノリ
パーティーだったらどーしよーと不安だったんだけど、

割と同世代も多くて、皆落ち着いた優しい人たちで

けっこうドイツ人が半分位かそれ以上いて

頑張って会話もしてみて、充実していた。

ドイツで有名なSという企業から来ていた人が

何人もいたけど、となりの二人は研修で来ていて、

以前も日本で働いたことがあるし、日本大好きと
いってもらえて、うれしかった。
理由はたくさんあるんだけど、

1食事がおいしい
2人が優しい
3東京は面白い街だし、

という理由を挙げてくれた。

小さなこと一つ一つ(駅のアナウンスとかも)
新鮮なんだって!

わたしからみると、食事はともかく
1.ドイツ人は優しいし、(そういう人が多いと思う)
2.エコの先進国

っていうのは、ドイツでポイントが高い
好きな理由かなー。 なんかドイツ語圏の人と気が合うみたい。一緒にいてラクだし。

Ninjyaの後、渋谷のとあるバーに行くと、
人口密度200%、朝のラッシュ並のところに、
ほとんど欧米人がひしめくという空間だった。

すごく美形の男の子ばっかりが5,6人で
女の子には目もくれず飲んでたりして、

異空間。

まったく落ち着いて話せなくて、
とにかく暑いだけだったけど、

面白かった。

とにかく、きのう会った人たちは日本人も
ドイツ人もいい人たちで、
勇気を出して(笑)知らない人たちと知り合って
よかったと思った。

でも、単にラッキーだったという説も。

いい人たちじゃなかったらかなりきついもんね、

Ninjya、大勢なので高いコースだったし
(一人1万円超えちゃったの(@_@))


ドイツ語は下手っぴだし。

なので、楽しい時間で感謝でした。


ドイツ語以外にも充実の週末。

昨日は、今度babyが生まれるまゆみちゃんの
ベイビーシャワーに行って、
皆でお祝い♡

まゆみちゃんはダンサーで、二人とも手足が長い
ので、きっと素敵な子が生まれてくるんだろうな!

それにしても、最近の子供のグッズは便利なものや
オシャレなものが増えていて、感心してしまう。

今日は久々にchurchで子供のクラス。
子供ってほんとにいいな。


ふぅー。またまた濃いweekendでしたー。
いろいろ思うところはあっても、
悩む暇がなく充実しているので、
ありがたいというか、いいことですね。

明日からまたがんばりますかーー。
[PR]
by megtig | 2007-02-18 20:50 | ドイツ語

スタムティッシュ

というドイツ人とニホン人の交流会に、昨日初参加!

一緒にドイツ語を習っているRさん(といってもレベルは全然違う)
からお誘いを受けていて、去年は参加せぬまま終わってしまったので、
ようやく。

最初は皆、もじもじしていて、顔見知りや友達がいる人以外、あまり交流がなかったのだけど、
それでは「来た意味がない!」と話しかけたりしているうちに、
ドイツ人ともニホン人とも話せて
なかなか楽しい時間だった。

それにしても、日本語の堪能な人の多いこと!
自分のドイツ語で話しかけるのが、相手に悪いとさえ思うほどである。。

しかし、それではこの機会が無駄になってしまう。。

そう思ってベルリン出身の男の子とがんばって話してみた。

その子はとってもいい子で、わたしのつたない独語に耳をかたむけてくれた。
それも長身なので、文字通り身体を折り曲げて話をきいてくれた(わたしが小さいので
そうなってしまう。)

ベルリンの話で盛り上がれたのもうれしかった。

彼は東の出身で、壁が崩壊した当時は6歳というから、それほど東だけの時代
というのは、記憶にはないといっていた。

それでも、「君は東と西どっちが好き?」
ときいてきて、

「両方とも。」
というと、
「両方かぁ。。」というあたり、もしかして、東、といって欲しかったのかなあ?

と思わせる感じがした。 きっと彼の家族は、壁があったときも、
壁崩壊後も、大変なことも経験してきたに違いない。

だから、彼の中では、東側は大変でも、大切でもあり、アイデンティティーの
一部でもあると思うのだ。

わたしは、『ベルリン天使の詩』が大好きだったから、
実際の今壁の無い状態をみて、感慨深いものがあったよ、
と伝えた。

いや、

実際には、感慨深い、なんてドイツ語でいえなくて、
堪能なR子さんに訳してもらったのであった(苦笑)。

ほかにも大使館の人もきていたし、

場所を移してアイリッシュパブ(留学時代お世話になったので(フランスだったけど懐かしい
雰囲気!)へ行ってからとか、

以前ワーキングホリデーにいっていたというドイツ語をがんばっている
素敵な女の子や、彼がドイツ人のチャーミングで会話も楽しい女の子
ともおしゃべりして(日本語)

いろんな人に出会えてうれしかった。

次回も参加したいので、友達になれたらいいなー。
特にドイツ人の人と!
[PR]
by megtig | 2007-01-20 22:56 | ドイツ語

なぜ、ドイツ語?

木曜日、公文のドイツ語、家で30分やるプリントが、つらくなってきて
これではほんとの三日坊主になってしまう!と気合を入れなおした。

昔、小学校時代、宿題がきらいで、いつも授業の直前にやっていたわたし。。
さすがに、高校や、語学専攻の大学ではそれでは無理で、ちゃんとやるようにはなったけど…。

今のドイツ語だって、これが自分ひとりでやる勉強だったら、挫折していたかも。

More
[PR]
by megtig | 2006-09-03 17:03 | ドイツ語

打倒!ドイツ語下手

公文式で有名な、くもんの教室って、大人も学べるの、知っていた?

今日から、公文さんで、ドイツ語を習いはじめました!(ちなみに、フランス語もあるの。)
だって、普段のドイツ語会話が10月まで、お休みなんだもの。

最初に、レベルを知るために、テストがあるんだけど、

More
[PR]
by megtig | 2006-08-29 22:14 | ドイツ語