タグ:フランス ( 3 ) タグの人気記事

フランスの結婚式(2:お泊り)

着いたのは、水曜日の夕方。
RER(パリの近郊を結ぶ高速線)の乗り換えで、偶然会った女の子が
わたしのスーツケースを1つ持つのを手伝ってくれた。

「どこまでいくの?La Defense?それなら一緒ね。」といって。

彼女はまだ若そう。たぶん、20歳そこそこかな。髪をスカーフで隠している
ところから、イスラム系なんだろう。 企業でスタージュ(研修)をしている最中だといっていた。
浅黒くて、目がくりくりしているのが、高校のときの手先が器用だったクラスメイトを思い出す。

この女の子が、地上まで荷物を持って、その上道を教えてくれたので、とても助かる。

駅を出て、すぐにあるのがQuatre Tempsというショッピングモール。
無印もあるし、ユニクロも。ただし、ユニクロは、男子中高生がターゲットかな?
と思われる、日本のアニメをイメージに打ち出したスポーティフな服たちしか売ってないみたい。

息を切らして階段を登り(後日スロープがあるとわかった)
着いたのは、Defenseの、高層ビルのアパルトマン。

c0089939_21552987.jpg


ここに、去年日本に出張に来ていたマチューと奥さんのジェニー
それに子供たちが住んでいる。高速エレベーターを一気に上る。

ピンポーン

メイクを直すひまと気力もないまま、汗だくで初対面のジェニーと挨拶する。

彼女はアメリカ人らしく、「オー、ハーイ!」ととびっきりの笑顔で迎えてくれる。
シャイな子供たちは、ママにくっついたまま。はにかんでいる様子がまた可愛い。

c0089939_2157177.jpg

c0089939_21582496.jpg

子供たちは、ものすごくかわいい。まだ許可を得てないから顔はなしなのだけど、
女の子のほうは、妖精みたいだし、
男の子も、お人形みたい。

More(つづきはこちら)
[PR]
by megtig | 2008-05-30 05:55 | FRANCE

丸の内界隈で。

今日は、kimiちゃんが、広島から上京してきてたので、お茶。

あいにくの雨だったので、テラスでの食事はできなかったけど、
久しぶりにKimiちゃんとゆっくり話せて楽しかった。

Kimiちゃん、楽しかった!
新丸ビルのゴディバでチョコレートアイス食べて→
オーストラリア料理のお店(オージービーフやタスマニア産トラウト(ます)でランチ
→雑貨とかぐるぐるみて→トキアのVironでお茶した。

新丸って空間に余裕があるから好き。照明が明るすぎないのもよい。

帰りにイルムスに寄った。 リンドベリの復刻版のシリーズが欲しいんだけど、
一番小さいカップ&ソーサで8500円。。今回は買えなかった。

でも、葉っぱのと青いドットの大好きなデザイン。
         *

Kimiちゃんと話していると、夢をたくさん刺激される。

自分もこんな作品、作りたいなあ!とか、
フランスに住んで、、、とか。

Kimiちゃんはグラフィックデザインのほうで、
わたしは写真や文章などで、
いつか、遠くない将来、
パリで展示を一緒にしたいね!と話したりしてる。

Kimiちゃんが、作品を作って、それを仕事にしているのをみると、
わたしもさぼっていたポストカード作りを再開しよう!という気になってくる。

ほんとうにやりたいときって、

こうやっていろんなきっかけが向こうから歩いてやってきて、

そうして、実現していくのだなあと今日も実感。

考えているばかりでなく、動いてみたら、夢って現実化するんだなあって。

パリと東京を行き来する暮らし、したい。

パリにもアパルトマンがあって、東京でも実家出てて。。(妄想しちゃう。)

そのためには、写真を学ぶ必要があるなあ。

(写真を撮る仕事したいので。)
  
   *

昨日そういえば、ちょっと嬉しいことがあった。
ウルルン滞在記で、オーストラリアのチロルに、
大友さん(ハウンドドッグの)が行き、最後のツィター職人に会うというのを
やっていて(アルプスの木のおうち、素敵だった)

簡単な言葉だったので、けっこうドイツ語が理解できたこと!

やっててよかった公文式(笑)。

我ながら、以前は単語でしか理解できなかった言葉がすぅっとフレーズで
理解できると、感激する。 ここに外国語やってる醍醐味があるのよね。

フランス語と英語、ドイツ語ができたら、
そして日本とフランスを往復できて、
その上、写真の技術があれば、いろんなことができると思う。

買い付けの仕事、エッセイとか、アートの展示とかね。

キャー、楽しい!

  *
今までのわたしは慎重すぎたかも。

仕事が安定してたから、それを捨ててまで何かする気はなくて。

でも、最近、仕事内容が変わってから、今までのように大好きな仕事では
なくなって、お給料が同じでも、ずっと続けるのはどう?と自分に問いかけるような
感じ。

自分にとってそれは案外いいことかもしれないと思う。
[PR]
by megtig | 2007-10-08 20:46 | Friends

初めてわたしの日記に来た人のために。

これまでの日記は、
ここにあります。
よかったら、読んでみてください。
Mon ex-journal d'intime est ici

c0089939_20575249.jpg
[PR]
by megtig | 2006-08-19 21:07